資材

フラワーアレンジメント イギリス花の旅 今年の新しいフローリスト資材

木のスライス フラワー資材 今年のデザインのラッピング
レッスン終了後にブリストルの資材屋まで連れて行ってくれました。学校を出発したのが4時30分頃、資材屋まではなんだかんだ50分はかかりますので渋滞していない事を祈っていました。

いつも購入するものはフローラルテープです。ビニール製でステムからの乾燥を防ぐ優れもので、コサージュやワイヤリングしたブーケには抜群に花もちが違います。お店が6時に終了するため滞在時間わずか30分でしたが、駆け足でいろいろと目にしました。模様の入った新しいラッピング、おそろいのリボン、季節商品の貝殻、シャイニーでとてもよくできているパール仕上げのバタフライクリップなど時間はとても足りません。そして最後に目に留まったのがトップの写真にある木のスライス。今までは木の表面のバークが流行していましたが、今年は同じ木でも違う部分の商品が出ていました。買ってきましたがクリスマスにでも使いましょうか。薄くスライスされている商品でしたので何枚かが持ち帰る際に折れてしまいました。 
夏のフラワー資材 貝殻夏のフラワー資材 貝
夏のフラワー資材 貝殻 夏のフラワー資材 貝殻 こちらは色付きです。
パール仕上げのバタフライクリップパール仕上げのバタフライクリップ いままでのクリップとは質感が違いとても綺麗です。

可愛いボタンはイギリスで!

イギリスのボタン アクセサリーショップ
お花のクラスでイギリス滞在中にはパブに出かけたり、資材屋に出かけたりとアフター5も存分に楽しむことにしています。ブリストルの資材屋の帰りにかねてより生徒さんから聞き及んでいたボタン屋に連れて行ってもらう事にしました。何年か前にネックレスのレッスンがあった時、ダウンタウンに可愛いボタンを大量に、しかもかなりお値打ちに出している所があると先生同士でも話題にしていた位です。小さな店でしたが、壁にはテグスや金具など小さなパーツや道具に至るまで一面アクセサリー作りの材料が整然と並んでいました。2-3人の女の子たちが一つの場所からなかなか動いてくれません。ここが噂のボタン詰め放題1GBP(ポンド)のバスケットでした。小さな袋に好きなボタンを詰めるだけ詰めてたったの1GBP! 夢中な姿がとてもかわいかったです。私の番到来!!!! 楽しく3袋詰めて終了。香港や台湾で装飾用ビーズなどを時々購入しますが、ボタンはビーズに比べ面積が大きく、特にイギリスで手に入るボタンはカラフルでとても存在感があります。ビーズよりもずっとお値段がお手頃な所も魅力です。次回からWeston-super-Mareへ来たら絶対に行くスポットになると思いました。 クラス受講の方は是非立ち寄ってみて下さい。クラフトのクラスへ持参してもよいと思います。

花の器

器は極めてシンプルな物を使うようにしています。一番の理由はどんなアレンジメントをしても器が邪魔しない事、植生を考えたアレンジメントほど飾りのないベーシックな物が必要と感じるからです。ガーデンポット、食器やトレイなど使えると思うものは色々と試してきました。

4-5年前日本のフラワーショーで見たポットが改良され今年日本へ輸入されてきました。水はけを考えられたガーデンポットなのですが、小さなものでしたらアレンジメントに使えそうです。ポットだけではなく受け皿も同じ材質でありました。レジンという材質で出来ているため丈夫です。ベーシックな黒、茶色、カラフルなグリーン、パープル、イエロー、ピンクと一通りあります。表面は色素がマーブルケーキに練り込まれたような感じで独特です。ガラスも陶器もよいのですが最近ちょっと新しい感覚の物を探していました。適度に重量がありますので背の高いアレンジメントなどベース部分に重さがほしい時は重宝です。
プラスチックのサラダボール
その他ワンコインショプで見つけたカラフルなサラダボール。プラスチックでグリーンやピンクなどの色が春のイメージにぴったり、思わず購入してしまいましたがこんな物でも十分ですね。とても軽いため持ち運びも苦になりません。身近な物でフラワーアレンジメント。アイディア次第で様々楽しめます!

関連記事:オランダで見たカラフルガーデンポット

-------
4月6日(土曜日)7日(日曜日) 日高のクラスでこのようなシンプルアレンジメントのレッスンをいたします。興味ある方はご連絡下さい。info @ act-flower.com

FDBヨーロッパクラス 2012年 トレンドウォッチ

FDBヨーロッパクラス 2012年 トレンドウォッチ Bristolの資材屋にて ハロウィーンの飾り
最終日は午後1時でクラスは終了。ランチを軽く済ませすぐに隣町Bristolの資材屋へお出かけ。オランダの市場にあるキャッシュ&キャリーと双璧な規模。大きな倉庫となっておりそのまま買い物ができるスタイルとなっていました。こんなに大きいとは予想をしておらずびっくりでした。
FDBヨーロッパクラス 2012年 トレンドウォッチ Bristolの資材屋にて フローリスト資材 フェルトロール フローリスト資材 今年の流行りはモザイク器 フローリスト資材 モダンテーストのシルバーの花器

クリスマスアレンジメントに使う木の実

クリスマスアレンジメントに欠かせないドライの木の実
夏の終わりから秋にかけて松ぼっくりやドングリなど木の実がたくさん実ります。遠方に住んでいる生徒さんはご自分で森の中から拾ってきたお宝を持参してくれました。とても大きな松かさの実、トゲがあり見たこともない種類でした。気候の寒い欧米では面白い形の松かさの類を見ることがありますが、日本では特に都会暮らしをしているとなかなかお目にかかれないものです。ドライアイテムは長く持ちますのでクリスマスにはぴったりの飾り物。一部をリストアップしてみましょう。

ドライ資材
松かさ、サイズいろいろ、ゴールドやシルバーにデップされたもの、中には白いものも
ハスの実(よく乾かすと種が中から出てきます)これもゴールドにスプレーをすると存在感あり!
唐松の実
ワタカラ 綿の下の部分でしょう。
スターアニス 中国料理でよく使うスパイスです。別名’八角’
シングルコーン ヒマラヤ杉の実ではないかと思います。
バクリ
ブナの実
ヒノキの実
グイの実
ムクロジ 飴色のきれいな実です。羽子板の羽の下にある黒い錘の部分になるとの事。今年初めて枝ごといただきました。
シナモンステック 値段は高いのですがよい香がします。
ドライオレンジ イスラエルなどでよく作られますが、台湾で購入した料理用のは色が本当に橙色。とても素敵でした。
スケルトンリーフ 実物ではないのですが葉に加工をして葉脈を残し着色した物です。薄く透明感がありなによりも色が綺麗です。

フレッシュ花材
サンキライ
バーゼリア
ブルニア
ビバーナムティナス
ヘデラベリー
イタリアンベリー
ペッパーベリー
リューカデンドロン・ピサマルチやシミフォーリアム
バラの実

ドライだけのリースも素敵ですが、やはりヒバやモミなどを使ったフレッシュなリースが好きです。アロマを楽しみ同時にクリスマスの季節を満喫しています。
実のなる木のページ

**お知らせ*********************************

コンテンツの配信