オーキット

世界らん展2020 花と緑の祭典 美しき蘭の世界から

世界らん展2020 オンシジュームのシンボルモニュメント
真っ先に向かう先は中央奥に展示されている日本大賞のエリア、そして右奥まで進み特別展示の部屋へ行きます。今年の展示は奇跡のカトレア~ドミニアーナ~とタイトルがありました。何が展示されているのかはいつも現地に行ってみてのお楽しみです。美しき花の競演、いくつかご紹介しましょう。上の写真はオンシジューム 桜色でシンボルモニュメントに飾られていました。

大賞受賞のパフィオペディラム ツクバ スウィート 'ヒサシ'
花の気品は格別なもので、かすり傷一つない葉の美しさにも目がとらわれます。でももう一つ、使われている鉢も固有で私にとってはたいへん印象的でした。明らかにハンドメイド、きっと思い出の詰まったものあるいは親しい方のお手製のものでしょう。
パフィオペディラム ツクバ スウィート 'ヒサシ'つくば洋蘭園 太田精一様 (茨城県)

奨励賞受賞はリカステ バージナリス 'アキコ' すくっと伸びた清楚な花々からは気品が漂います。大きな葉が特徴的でもあります。
リカステ バージナリス 'アキコ' 斉藤正博様 (茨城県)

奇跡のカトレア~ドミニアーナ~の展示室の入り口では沢山のカトレアがお迎え。花は丁寧にスプレーされ、南米原産のカトレアにとってのよい環境作りをなさっていたのだと思います。これだけの数を期間中メインテしなければならず大変なご苦労であることが伺えます。1991年の第1回世界らん展日本大賞受賞花の展示もありました。原種の展示があり、日本で洋蘭の栽培が始まった初期の頃に、貴人や要人達が育てていたような品種の名前を目にする事ができ、私にとっては大変有意義なひとときでした。

関東東海花の展覧会2020 第69回 オーキットのコーナー

オーキットのコーナーからのピックアップです。実は先月、日本における洋蘭の発展についてのリーサチをしながら勉強していた所です。いつ頃どのように西洋蘭が日本に渡来し、誰によってどのように発展していったかなど、関係者の方のご協力を得ていろいろ知る機会があり、今は熱冷めやらずというタイミングです。100年以上も前から愛され続けている花。交配が進み今でもとどまる事なく進化が進んでいる蘭の世界。会場でもエレガントな姿を楽しんできました。

展示は十分なスペースがとられ一つ一つの花の形がよく見えるように並べられていました。
関東東海花の展覧会2020 オーキットのコーナー

一番背の高いのはエピデンドラム 'アートピンク'。う~ん我が家のはわずか20cm。どうやったらこんなに美しい花が咲くのでしょう!
エピデンドラム 'アートピンク'

オンシジューム 'イオノプシス' ピンクとありましたが、ブルーがとても強く出ています。こんなオンシジュームを見たのは初めてです。奥にあったパンプキン色のオンシも美しかったですが、見とれて写真を撮り忘れたようです。
オンシジューム 'イオノプシス' ピンク

カトレヤ 'チアリン・ニューシティ' 赤 こんなに深い色も初めてです。
カトレヤ 'チアリン・ニューシティ' 赤

奥のほうの表示まではみれませんでしたが、ゴージャスなカトレヤの寄せ植え。XX万?
カトレヤの大鉢

世界蘭展 日本大賞2013

フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013
東京ドームで開催中の世界らん展へ出かけてきました。フラワーデザインの展が目的です。オーキットを使ったデリケートな作品の数々はどれも本当に力作。時間をかけて作られた作品は大変美しく目を楽しませてくれます。

フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013 フラワーアレンジメント展示会 世界らん展2013

コンテンツの配信