国際

国際女性デー ロシアより愛をこめて

国際女性デー 'International Women's Day' で花を贈り合うのはイタリア(ミモザの日)だけではなくロシアにもその習慣はあります。
花を贈ろう国際女性デー
1917年の2月最後の日曜日(旧暦ジュリアン歴)はロシアにおいて国際女性デー。この日パンと平和を求めてロシアの女性たちの間でのストライキが起こりました。数日後には鎮圧する政府の兵士たちも加わり帝政が崩壊する事となった2月革命です。後に暫定政府により女性の参政権がみとめられました。

現在のロシアは他の国と同様のジョージアン歴となり国際女性デーは3月8日です。この日の早朝、女性が起きる前に男性は花を買いに行くそうです。寒い国でのとても暖かい習慣です。日本にも日常的に花を贈り感謝や愛情を分かち合える日が多数できるとよいです。お花を贈りましょう。一輪の花も心を豊にしてくれます。

ミモザは春の訪れ "FESTA DELLA DONNA" from Italy2009年のブログです

ミモザは春の訪れ "FESTA DELLA DONNA" from Italy

Silver Wattle
イタリアの花屋では3月8日、一斉に黄色のミモザが店頭に並びます。この日は「女性の日」という事で、男性から女性にミモザの花をプレゼントする日なのです。

毎年3月8日の「国際女性デー 」は、1911年ニューヨークで146人もの女性の命が犠牲となったTriangle Shirtwaist Factory fire 事件が関連しています。綿織物工場で働く女性たちによって労働環境改善を求めるストライキがあり工場に立てこもっていたところ火事に巻き込まれてしまったのです。犠牲者を悼み、そして世界的には社会的貢献をしている女性をたたえる日ということで3月8日が「国際女性デー」となり季節の花ミモザが象徴に選ばれたのです。1913年3月8日、世界第一次大戦中、ヨーロッパの女性たちも平和を求めたリレー活動をしたともあります。経済、政治、社会的、そして家庭でも素晴らしい働きをしている私たち女性たちへの感謝の日となったのです。

惜しげもなくたくさんの花をつけ、ぱっと明るくて今がちょうど見ごろの花。まさしく春を訪れですね。歩いていてとても立派なフサアカシア(ミモザアカシア)の木があるお庭を見つけました。気分もウキウキしてきますね。

フサアカシア(ミモザ・ミモザアカシアとも呼ばれています)
マメ科アカシア属
Acacia dealbata
Common name: Silver Wattle
ニューサウスウエールズ、ヴィクトリア、タスマニアなど南オーストラリアに自生

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
この記事を書いたすぐ後, 旅先のカリフォリニアでもっとすごいフサアカシアの木を発見しました。本当に見上げるほど大きな木がたくさんありました。遠くから見てもまっ黄色になっているのですぐにミモザだという事が分かります。地中海性気候のためこのフサアカシアもよく育つのですね。

コンテンツの配信