フラワーデザイン

FDBヨーロッパクラス2014 Day 2

アレンジメントのプロポーションについて、校長のデモンストレーション トライアンギュラー 英国フラワーアレンジメント
2日目はSymmetrical。左右対称でブリテッシュアレンジメントの基本中の基本です。フォーマルな席で用いられることが多く様々な場面で見られます。特に教会でのセレモニーでは間違いなくどこかに飾られています。このアレンジメントは日本でもトライアンギュラーとして紹介されており、皆さん一度はアレンジをした事があると思います。ブリティシュのスタイルは中心が強くフォーカルの幅が広くなります。私も恥ずかしながら久しぶりのブラッシュアップ。注意点をノートに書き出し、ポイントをしっかり頭に入れてからアレンジを開始しました。本来はクラスのアシストのはずだったのですが、この時ばかりはかなりの集中。どんな経験者でも時々はリビューは必要です。昔にクラスで一緒だった台湾のデザイナーがキャリアコースを2回受けていました。彼女は大きな会場で生徒を何人も持つ先生。活躍し続ける理由がわかりました。美は基本にあり!

FDBヨーロッパクラス2014 Day 1

フラワーデザイン リースの葉のあしらい方のデモ フラワーデザイン・オブ・ブリテン 学校でレクチャー中の校長Barbara Shakespeare
左写真 どんなリーフを使っても均等にかならず同じ長さを保ちます。 写真右 レクチャー中の校長 Barbara Shakespeare
初日と2日目はシンパシーデザイン(葬儀用)のデザインの予定です。オアシスを削ってベースの形作りのはずでしたが、基本のアレンジメントができない人が世間にはあまりにも多いとの事。審査員の方たちですら長年基本のアレンジをしておらず正確にアレンジできない人たちもいるとの事でした。という事で先ずは葬儀用の定番リースから取り掛かりました。かなりの花材を使いますので重くなりがちですが、リングオアシスの水の浸し方の説明から始まりその後はしっかりとデモをしながら解説してくれました。リーフの入れ方、空間の取り方、埋め方など美しく均整の取れたアレンジメントを作る上でのいくつもの重要な注意点があり、私自身基本のリビューは久しぶりだった為、内容は新鮮で実に参考になりました。手前味噌で大変恐縮ですが、我がスクールの校長のデモは手際もよくとても綺麗、安定感があり作品の出来栄えも芯が強くパワフルです。生徒さんたちが'神々しい'と表現しておりましたが、その言葉がぴったりです。久々に上手なデモを見てこちらでのレッスンのありがたさが身に染みました。リースを2作品; 一つはベーシックスタイルで花をまんべんなく散らすアレンジメント。もう一つはセクション(グルーピング)してフルーツを加え、テーブルアレンジメントに仕立てました。冬の季節でしたら日本でもフルーツを楽しむことができます。ただしリンゴだけはフェイクもしくはワックス加工をお勧めします!
リースのプロポーションをチェック リースのプロポーションが的確であるかどうかをチェック お店ではどのスタッフが作っても同じサイズにしなければなりません。

ロンドンからの移動 FDB ヨーロッパクラス2014 Weston-super-Mare

イギリス チェダーチーズの店
英国の入国審査もスムーズで、ロンドンヒースローからすぐにヒースローエクスプレスへ乗りロンドンパディンントンで17:30のTaunton行きの電車をキャッチ。時間帯によってはBristolで乗り換えの列車がありますが、一時間近くも外で待たされることがあり、またとてもわかりにくい所に電車が停車していたりしますので、旅慣れない方は直通がお勧めです。尚、パディントン駅では列車の発車10分前位にならないとプラットフォームの表示が出ません。大抵は9番か10番ホームですので電車に向かって右の方に待機していると良いでしょう。改札口はその列車の前の改札をご利用下さい。

今回の滞在先はいつも生徒さんをお願いしているご家庭にホームステイをさせていただきました。その為下車駅はWeston-super-Mareの2つ手前の駅Worle駅です。Bristol Temple Meads から各駅停車になりますので小さな駅でも止まります。もしこの駅をご利用でしたら、ホームが短いため後ろ3車両のドアは開きません。いずれにせよパディントン駅では後ろ車両はとても混雑しますので、乗車する時は真ん中より前がお勧めです。乗り継ぎがスムーズだったため19:30には到着いたしました。

余談ですが、17:30発の列車は一番の運賃が高い時間帯です。なんと100数ポンドも支払いました。パディントン駅ではカフェ形式で食事ができる場所があり、また上階ではホテルのおちついた場所もありますのでゆっくりと休んでから電車に乗るとよいと思います。オフピークや1週間前までのアドバンスチケットを予約しているとと20数ポンドでよい時もあるようです。ナショナルレールのホームページでチェックしてみて下さい。

私はクラスの2日前に渡英。一日はゆっくりと過ごし英国の代表的チーズ生産エリアのチェダーへ連れ行っていただきました。以前はストロベリーの生産が盛んでストロベリー電車が通っていたとの事。今はトラックでの輸送に切り替わり廃線となっていましたが、ストロベリーを乗せた電車なんて、よい香りが漂ってきそうで素敵なイギリスの田舎風景が目に浮かびます。

明日から始まるクラスに向けて早めに休ませていただきました。幸いにして暖かい日で夜もそれほど寒くはならずここちよい眠りとなりました。

オレンジとピンク

オレンジとピンクのアレンジメント
オレンジにピンク、どちらもバリバリ主張できる色。実は苦手で数年前まではなかなか一緒に使えないコンビネーションでした。今月は夏のピンクを残しながら秋のオレンジをミックスしたアレンジメントを試みました。材料は香のするオレンジのバラ 'キューバ・リブレ'、小さな青りんご、スプレーマム 'ジェニーオレンジ'、オレンジ色の唐辛子、リンドウ '赤竜(コウリュウ)'、グリーンはシャガそして器はブラック。苦手な色のコンビネーションもチャレンジしてみれば案外すんなり行くこともあります。

秋が深まればアップルをミニかぼちゃに、またオレンジの唐辛子もまっ黒な物などに変更すればハロウィーン仕様になります。オレンジとピンク、夏の名残と秋の始まりを取り入れる事ができたような気がします。余談ですが今回のミニアップルは生を使用したためワックスでコーティングをしてあります。花に影響するエチレンガスをブロックスするためです。
ワックス処理したミニアップル オレンジの丸唐辛子

---秋のデザインクラス、参加者募集中です-------------------
FDBヨーロッパクラス 2014年
FDBヨーロッパクラス 2014年

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス 2014年 ご案内

2014年10月29日より4日間、イギリスのWeston-super-Mareにて、毎年恒例のヨーロッパクラスを開催します。もちろん現役フローリスト、フリーランスデザイナー、先生たちのご参加もあり、なかなか毎年楽しいクラスとなっています。

今年は葬儀用のデザインの勉強を前半2日間入れます。諸外国のフュネラルデザインは華やかで美しいものが多いですね。また近年では非常にミニマリステックにまとまったデザインもよく見られます。イギリスでの葬儀用の代表的な作品はダブルエンドにシングルエンドスプレー、バスケットアレンジメント、リース、キャスケットカバなど、日本でもお馴染みのデザインばかりです。ダブルエンドスプレーやキャスケットカバーはテーブルデザインのホリゾンタルもしくはダイアモンドシェイプ、バスケットアレンジメントはギフトアレンジメントの代表的アイテム、リースに至ってはクリスマスやサマーリースなどデザインも幅広く大変応用が利くアイテムです。これらは基本テクニックが沢山詰まった重要な項目です。レッスンではチェックポイントを再確認しながら作品作りをしてゆきたいと思います。

3日目はファッショントレンドのストール。Flowers to wear と言う事で数年前からいろいろ流行中です。4日目は植物のギャザリング - 植物も内容もいろいろ詰め込みますが、Let's enjoy!

FDBヨーロッパクラス 2014年
FDBヨーロッパクラス 2014年

ビクトリーブーケコンテスト Medalist bouquet contest

6th place Medalist bouquet competition in Tokyo 5th place Medalist bouquet competition in Tokyo
8月1日から3日間、東京お台場ヴィーナスフォートでオリンピックの表彰式に用いるビクトリーブーケのデザインコンペが開催されました。この企画は ”夏を爽やかに!スポーツ&フラワーフェスタ”というタイトルで臨海副都心「花と緑」のイベント実行委員会により、2020年東京オリンピック・パラリンピックへの気運の盛り上げ、日本の花き園芸技術による夏花壇の展示や、スポーツの普及・振興を融合させた参加型イベントとの事です。直前になり生徒さんの参加で知らされました。本当に直前エントリーにも関わらず入賞されました。立川伊勢丹 生花店勤務の柳井さんと同僚の方、おめでとうございます。

コンペの審査基準は以下の通り。
 ☆デザインの独創性
 ☆テクニック
 ☆花材の選択
 ☆完成度
1st place Medalist bouquet competition in Tokyo 金賞受賞作品
2020年の真夏にあるオリンピックを想定してこの時期のコンペはよい練習だったと思います。トップで入賞した作品は当然のごとく細部まできちんと気配りができており安定した作品でした。丁寧でよい仕事が高評価だったと思います。

International Lonely Bouquet Day お花のプロモーション

International Lonely Bouquet Day The lonely bouquet by Flower Design of Britain Tokyo
昨年より花に関する世界的な活動があります。目的は花を愛で楽しみましょうという所です。
活動は年に一度決まった日にフローリストやデザイナーあるいは花の生産者さんもしくは庭で花を育てている園芸家などがそれぞれオリジナルの花束を作り、どこかに置いて通りかかった方にお持ち帰りいただくという方法です。ブーケにはメッセージカードを添え、イベントの事や自分の店の事なども書き入れられます。もしブーケを拾い上げてくれる現場に居合わせたらきっと手にした方の笑顔を見る事ができると思います。綺麗と思いしばし足を留め花の魅力にうっとりしたり、ラッキーと思いにやけていたり、目を細めて喜んだり....人の表情は様々。拾った方がその瞬間だけでも幸せを感じてくれる事ができたらプロジェクトは成功です。2014年は6月29日でした。小さなブーケの贈り物で人の笑顔を引き出す事ができるなら、作り手もたいへんハッピーです。2014年は6月29日がこのLonely bouquet dayでした。この活動のホームページではブーケをおいた場所、もしくはピックアップした場所を、自由にピンナップすることができます。頂いた方からのメッセージなども投稿されコミュニケーションの場となりなかなか楽しいです。

たとえ一本の花であっても人の心をなごます事ができると思います。とても素敵な企画ですね。2015年は6月28日です。
The Lonely Bouquet

The lonely bouquet by Flower Design of Britain Tokyo
こんなふうに事務所の前の道路に置いてみました。

ハーブを使った初夏のシュトラウス

Summer bouquet with herbs
6月21日世田谷にて、市場仲卸の前のエリアの定温荷捌き施設の完成のイベントがありました。売りに出す切り花を一定温で保つ品質管理はとても重要な事で、植物も人間も快適です。しかし市場設計の段階でこの仕組みはあるべきだと思いました。

イベント会場ではミュージックライブあり、フードコートあり、オランダのマイスターと日本人のデザイナーのコラボでユリのプロモーションのライブデモなどが催されました。各店舗の前ではワークショッがが開催され、その一つにドイツでマイスター(マスター)を取得なさった橋口氏のクラスに参加してきました。クラスのテーマは「ハーブを使った自然的な花束」。ハーブは優しく爽やかに香り、リラックスもたらせてくれる植物で、梅雨の今時にぴったりな花材だと思います。フローリストとしての面から捉えた花束に関するレジメが用意されていました。クラスの前に目を通し今一度ポイントの再確認。マイスターによる花材や作る時の注意ポイントなどの説明を受け実習。ブーケは水平180度展開、側面は360度どの角度からみても美しく作らなければなりません。一人一人にクリティークの時間を設け順々にアドバイスをなさる姿はマイスターとしての品格があり、素晴らしいオーラを感じました。私へのアドバイスはタイイングポイントが楕円になっているとの事でした。マイスターに手直していただいた時のニュートラルな感覚は大変勉強になりました。普段私がクラスで紹介するのはカッチリとしたブリテッシュスタイルですが、草原をそのまま切り取ってきたようなブーケは家人にも大変好評でした。

FDBも秋にまたヨーロピアンクラスを開催します。ブラッシュアップやトレンドキャッチにお出かけ下さい。
2013年Europe class

花材
Clematis 'White Jewel' 3
Sp Rosa 'Éclair' 3
Hydrangea arborescens 'Annabelle' 3
Alchemilla mollis robster 4
Pelargonium (Scented Geranium) 4
Mentha x piperita L (Peppermint) 5
Rosmarinus officinalis L. (Rosemary) 3

マスタークラス5 ファイナル試験

6月上旬よりマスタクラス レベル5がメインスタジオのWeston-super-Mareで行われています。受講者は2名。そしてもう1名マスタークラスの生徒さんが特別クラスにご参加なさっています。この5のレッスンが終了するといよいよマスタークラス最後の試験です。お呼びしているのがイギリスの国家審査員、そしてもう一方は大学の教授の外部2名による審査が行われます。約1.5ヶ月前から試験の内容が渡され、各々考える時間を与えられます。サブジェクトに対し十分にリサーチをし、内容をしっかり理解をした上での作品を審査官に見せていただきたい思いです。ポートフォリオ審査、筆記と実技の4部構成で、シビアに点数がマークされます。

今年のスケジュールは
1.葬儀用のリース 男性20台中盤 直径60㎝以下が望ましい 作成時間:1時間40分
2. ブライダルデザイン アーティスティクなブライダルブーケ、ただし実用的である事 ブーケを持つ人物像、ドレスなどがブーケからクリアに想像できる事 作成時間:2時間

要求項目はさらに細かく分かれており、当然ながら難易度は高く、今までの勉強した引き出しの中を隅々まで点検されているよう。さて筆記は無事パスとの事。残りの実技、最後まで頑張って下さい。

マスタークラス5 ファイナル試験

世界らん展 International Orchid Festival 2014 フラワーデザインコンペ編 Part2 ブーケ

世界らん展 ブーケ
世界らん展 ブーケ 世界らん展 ブーケ 世界らん展 ブーケ
ブーケのカテゴリーではデコラティブで華やかな作品が並びます。デザイナーコードやビーズなどが贅沢に使われ、豪華にデコレーションが施されていました。和紙を重ねたり、手鞠のきらびやかな絹糸の装飾も日本ならではのアイテムで楽しく拝見しています。時折作品を見ながらふと感じる事があります。重たいブーケは長い間持つことは難しいですね。オーバーサイズも苦しく感じます。コンペではありますがブーケは持って歩ける事が必須項目。どうも自分自身がどこかにバランスを求めているようです。一方惜しかった作品もあります。ビーズのみのベースにランの花がリズミカルに配置されていました。シンプルで美しいこのブーケ、私は大変気に入った一点でした。しかしながらハンドルが目をとらえてしまいました。グリーンのドレスに合わせる設定だったのかと色々と思いを巡らせましたが、やはり使われている資材があまりにもこのブーケのイメージから外れていました。

話変わりますが、ソチのオリンピックメダリストブーケに使われている花はマム、紫色はチースかな?ロシアは著名なフラワーデザイナーが多数いる国なのですが無造作に束ねられたブーケを見ると非常に残念に思えました。東京の時はぜひ華やかに!

コンテンツの配信