クリスマス

クリスマスツリーのエピソード

クリスマスにはリースやガーランドなどと共にツリーが頭に浮かびます。欧米ではこの時期いたるところでモミや松、トウヒなど販売されます。それらの樹々にもちょっとしたエピソードがあるそうです。ツリーがクリスマスに使われ始めた頃のお話しを見つけました。

・モミの木はクリスチャンやペーガン(他の宗教を信じる人々・異教徒)たちの冬季の祭りに、数千年も使われていました。
・ペーガンたちは冬至に枝を家に飾り、春の訪れに思いをはせていたようです。
・ローマ人は新年モミの木を家に飾っていました
・クリスチャンは常緑樹を神との永遠の生の象徴として考えていました。
・おそらくモミが1000年前に最初に北ヨーロッパでクリスマスツリーとして使われた樹のようです。
・北欧の人々は冬の期間、常緑樹を箱などに植え家の中で栽培していました。
・初期の頃のクリスマスツリーの飾り方は天井から逆さまに釣り下げられていたようです。
・北欧でツリーが飾られ始めた初期の頃、モミや松以外のに用いられた植物はチェリーやサンザシ類などで、家の中でクリスマスの時期に花を咲かせて楽しんでいたようです。
・中には、本物の樹をもちいるのではなく木片を積み上げピラミッドの形を作りツリーにみたて、それに紙やリンゴ、キャンドルなどで装飾をしていました。
・それらはパラダイスツリー(エデンの園?)としての意味があったのでしょう。
・旧教会のカレンダーでは12月24日はアダムとイブの日で、パラダイスツリーそのものが 'エデンの園'を象徴したのでしょう。
・エストニアのタリンとラトヴィアのリガの2つの都市がクリスマスと新年を祝うものとしてツリー発祥であると宣言しているそうです。タリンでは1441年リガでは1510年。Rigaでは記念碑もあるとの事。
・1521年ドイツの写真では、司教に扮した人(おそらくSt.Nicholas)がパレードの中で、ツリーの後方に馬に乗っている所が写っているそうです。
・ドイツのブレーメン(オリジナルにはBremanと記載されています)では1570年から、リンゴや木の実、デーツやプレッツェル、紙の花が飾られた小さなクリスマスツリーの記録があります。
・最初にクリスマスツリーを家に持ち込んだのは16世紀のドイツ人聖職者マーチン・ルターではなかったかと...

フレッシュなグリーンを置くと気持ちが安らぎます。私も今年はツリーのアレンジメントを作ってみました。住宅事情に合わせて小さなものですが!
Happy Holidays!

クリスマスリース アドヴェントリース

クリスマスリース/アドヴェントリース

花のリースは古代ローマの時代にはありましたが、クリスマスリースはいったいいつ頃からどのようにして広まったのでしょう?

クリスマスリースはアドヴェント(Advent)もしくはアドベンツリースとも呼ばれます。アドヴェントはもともとラテン語で「来る」という意味で、キリストの生誕4週間前の日曜日から誕生日まで期間の事です。この時期のリースはキリストの降誕を祝うために用意されるためアドヴェントリースと呼ばれます。

16世紀ごろ東ヨーロッパの人々がリースを作り出しました。リースの材料はエバーグリーンと呼ばれる針葉樹を含む常緑樹などです。モミ、マツ、ヒバ、ヒノキなどのコニファー類、アイビー、ホーリー、ボックスウッド(ツゲの仲間)、マグノリア、南天など様々です。上の写真はユーカリを使っています。

1920年代アドヴェントリースはドイツで人気となり、この時期になるとかならずリースを用意する習慣となりました。1930年代には米国にもヨーロッパからの移民(特にドイツ系)の人々がリース作りを始め、やがて一般に広まりました。

<リースのタイプ>
リースのタイプはフォームや水苔などを使い給水ができるタイプとまったく給水なしでドライにするタイプがあります。水を含んだフォームにアレンジするリースは植物のフレッシュさが長く保たれます。ドライのタイプは軽くできるためドアや壁などに飾る事が多いです。イギリスでは水苔を使ったタイプのリースもよく壁に掛けらています。

<リースとキャンドル>
テーブルに飾るタイプのリースにはキャンドルが置かれます。キャンドルは4本用意され、クリスマス前の4回の日曜日に1本ずつ火を灯します。すぐに暗くなる冬の時期のキャンドルの灯はぬくもりを感じ、人々の心や生活に温かみをもたらせてくれます。
キャンドルを付けたクリスマスリース/アドヴェントリース

キャンドルの種類

キャンドル チャペル
キャンドル candleはラテン語のcandere輝る/光るからの派生語

チャペルタイプ
先がピラミッドのように尖っていて丸型の比較的太いタイプ。高さは5㎝から50㎝など様々。サイズの表示は高さmm/直径mm 色は白が大半。教会で使うオーソドックスなタイプでロンドンでは色のオーダーが可能との事。この時期はマーケットにゴールドもお目見えです。(画像はトップ)

ピラータイプ
キャンドル ピラー
円柱型で太さ長さもいろいろ。色は赤 オレンジ ブルー モスグリーンなどちょっとラステックなイメージに仕上げられているのが今のトレンド。こちらはFDBの卒業生の利佳さんが彼女のウェディングに手作りした物で、とても大事にしているキャンドルです。

テーパードタイプ
キャンドル テーパード キャンドル テーパード
先端に向けなだらかに細くなっているキャンドル。太さも豊富でエレガントに空間を演出。アイボリー ゴールド シルバー インディゴ グレー ベージュ パープルやピンク、中には混色でデザインをされた物もあります。テーブルクロスに合わせられるほど多くの種類があり空間をうまく使いたい時はお薦めです。ただしアレンジメントに入れる際はしっかりと固定を。

ハウスホールド 
細長い円柱。先端もフラット。ピラーを細長くしたタイプ。今年はライトなグレーと黒 ブラウン系も素敵かも!

ディナー

クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室 2014

英国伝統のクリスマス キャンドルアレンジメントのセンターピース クリスマス フラワーアレンジメント体験教室
11月最後の日曜日、アドベントを迎えクリスマスの飾りを玄関先につるしました。毎年行っているワークショップを兼ねたオープンクラスを開催します。
トラディショナルなテーブルアレンジメントや、バークやカラフルなフエルト、定番のカラーワイヤーとトレンドアイテムの可愛いイギリス製のボタンを使ったクリスマスドア飾を作ろうと思います。イギリスのスクールに興味がある方ない方、ご経験等、特に問いませんのでよろしかったらご参加ください。
12月6日(土曜日)
13:30- トラディショナルクラス
15:30- ユーロトレンドクリスマス ワークショップ

12月20日(土曜日)
13:30- ユーロトレンドクリスマス ワークショップ

東京事務所にて
クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室 2014

クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室

クリスマスフラワーデザインワークショップ
ここのところ毎週水曜日にブログをアップする事にしていますが、気がつけばもう12月。あまりのんびりと構えていられないようですね。ちょっとお誘いが遅くなりましたが恒例の Last Minutes Christmas クリスマスフラワーデザインワークショップ 12月9日(日曜日)開催します。素敵なクリスマスのフラワーアレンジメント、体験してみて下さい。

シルバーグレーの植物

11月の最後の日曜日からアドヴェントです。クリスマスを控えていますので今時のシルバーグレーの葉をリストアップしてみましょう。
優しい雰囲気のプランツが多くウエディングにも使えるのではないでしょうか。

ユーカリ フトモモ科ユウカリプツス属
ヘデラアイビー ウコギ科ヘデラ属
ダスティ・ミラー キク科キオン属
セロペギア ウーディ(ハートカズラ) ガガイモ科セロペギア属
スタキス(ラムズイアー) シソ科スタキス属
アリゾナイトスギ 'ブルーアイス'  ヒノキ科ホソイトスギ属
ヘリクリサム・ペティオラレ キク科ヘリクリサム属 (水下がり注意)
ヘリクリサム・イタリカム (カレープラント) キク科ヘリクリサム属
サントリナ(コットンラヴェンダー) キク科ワタスギギク属
チランジア・ウスネオイデス他 (エアープランツ)パイナップル科チランジア属
ラヴァンデユラ ストエカス(フレンチラヴェンダー)シソ科ラヴァンデュラ属
セダム 'Bertram Anderson’(ミセバヤ 多肉植物)ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属
斑入りリリオペ ユリ科ヤブラン属

Chamaecyparis pisifera 'Boulverd' スギ 'ブルーアイス'
Cupressus arizonica 'Blue ice' サワラ 'ブルバード'
Senecio cineraria / dusty miller 白妙キク ダスティミラー
Tillandsia 'Usneoides' チランジア 'ウスネオイデス'

捨てないで

リューカデンドロン リューカデンドロン 'ガルピニ'
クリスマス時期になると素敵な実物が出回ります。その一つにリューカデンドロンという植物があります。南アフリカが原産。乾燥にも寒さにも強く大変丈夫で長持ちしてくれます。この植物は成熟するとピンクかかった姿からドライの実に変化します。アドヴェントの時期に用意するクリスマスのアレンジメントは長持ちが前提で多くのドライマテリアルを使用します。他の植物たちが枯れてしまってもリューカデンドロンやユーカリの蕾などは手元に残しておくとよいでしょう。クリスマス前のこの時期、様々な実物を使えるので私は一番好きな季節です。

リューカデンドロン /Leucadendron
ヤマモガシ科 レウカデンドロン属 /Proteaceae
南アフリカ原産

「遠い昔のクリスマス」
Christmas Bouquet

クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室

毎年恒例のクリスマス・フラワーアレンジメントのワークショプを開催いたします。FDB東京事務所日高の主宰です。
ワークショップとは楽しく色々試して経験する場です。全くの未経験者の方がオリジナリティある素晴らしい作品を作る時もよくあるのですよ。せっかく作るのでしたらしっかりとよい花材を使い、クリスマスまで長く楽しめるものを作りましょう。今回はユニークな資材を使って、オーソドックスなキャンドルアレンジメントを動きのあるアレンジメントに変えてゆきます。毎回このクラスは私自身とても楽しみです。皆さんぜひご参加ください。

ユーロトレンドクリスマス・クリスマスフラワーアレンジメントワークショプ
12月4日(土曜日) 10:30-20:30
東京都府中市生涯学習センター 3F工房2

クリスマスアレンジメントに使う木の実

クリスマスアレンジメントに欠かせないドライの木の実
夏の終わりから秋にかけて松ぼっくりやドングリなど木の実がたくさん実ります。遠方に住んでいる生徒さんはご自分で森の中から拾ってきたお宝を持参してくれました。とても大きな松かさの実、トゲがあり見たこともない種類でした。気候の寒い欧米では面白い形の松かさの類を見ることがありますが、日本では特に都会暮らしをしているとなかなかお目にかかれないものです。ドライアイテムは長く持ちますのでクリスマスにはぴったりの飾り物。一部をリストアップしてみましょう。

ドライ資材
松かさ、サイズいろいろ、ゴールドやシルバーにデップされたもの、中には白い物も。
ハスの実(よく乾かすと種が中から出てきます)これもゴールドにスプレーをすると存在感あり!
唐松の実
ワタカラ 綿の下の部分でしょう。
スターアニス 中国料理でよく使うスパイスです。別名’八角’
シングルコーン ヒマラヤ杉の実ではないかと思います。
バクリ
ブナの実
ヒノキの実
グイの実
ムクロジ 飴色のきれいな実です。羽子板の羽の下にある黒い錘の部分になるとの事。今年初めて枝ごといただきました。
シナモンステック 値段は高いのですがよい香がします。
ドライオレンジ イスラエルなどでよく作られますが、台湾で購入した料理用のは色が本当に橙色。とても素敵でした。
ドライアップル もし余ったものを保存するときはシリカゲルが必要です。
コルクや木の皮
モス
きのこ類
スケルトンリーフ 実物ではないのですが葉に加工をして葉脈を残し着色した物です。薄く透明感がありなによりも色が綺麗です。

フレッシュ花材
サンキライ
バーゼリア
ブルニア
ビバーナムティナス
ヘデラベリー
イタリアンベリー
ペッパーベリー
リューカデンドロン・ピサマルチやシミフォーリアム
バラの実
エリカ(ドライになっても色があせにくいです)
ミニアップル そのまま使うのではなくワックスでコーティングし、エチレンガスの発生を押さえます。処理をすると長く持ちます!
ユーカリのつぼみ
ヤシャブシ
ネズミモチ
アセビ
シキミア

コンテンツの配信