英国フラワースクール

ヨーロッパクラス2016 コーポレートデザイン D1

コーポレートアレンジメント 企業向けのフラワーデザイン
初日はChris Morison氏による企業向けのフラワーデザインでした。氏のプロフィールはすでにヨーロッパクラス2016年のページにありますが、お話しを伺ってみるとカリブにあるアラブの王族の部屋のご担当。国王がいつお越になってもいいように毎日のメインテナンスがあるとの事。日常から離れたお話を楽しく拝聴いたしました。

午前中のレッスンは空間に飾るラージスケールアレンジメントです。とは言っても教室のスペースは限られていますので、会社のレセプションなどに置ける位の大きさです。一つ一つ段階でテクニックとポイントの解説をしながら進行。”なぜ”を分かりやすい英語で説明して下さいました。仕事も丁寧。イギリス人の先生たちの作品はどれもすばらしく綺麗に仕上げます。彼らのワークマンシップは世界一のレベルではないでしょうか。ワークマンシップは学生の頃から当然の事として教育されているとの事です。ちなみに校長と同じ学校でフローリストリーの専攻の同級生だそうです。
Chris Morison氏によるコーポレートアレンジメントのレッスン Chris Morison氏によるコーポレートアレンジメントのレッスン

午後は実習時間。生徒たちもそれぞれに花を選び作品作りに取り掛かります。急いで数点作るより時間をかけきっちりとよい作品を仕上げるのが私たちにはベストな選択であるとお考えになったそうです。二兎を追う者は一兎をも得ずはスタンダートな考えで私もそう思います。

<生徒の作品の評価とアドバイス>
先生の手直しが入ると生徒のアレンジメントもぐっとグレードアップされます。商品価値をいかにつけるかの説明がありましたがこの場では内緒にしておきます!

嬉しいお知らせ

昨日夜にちょっと嬉しいお知らせがありました。

今年で4回目になるヨーロッパクラスの事が英国フローリスト協会のプロフェッショナルフローリストという情報サイトに取り上げられました。フラワーデザイン・オブ・ブリテンはとても小さな学校ですが、創立60周年を迎え、フラワーデザイン専門のスクールでは今はもうイギリスで一番古い学校となってしまったような気がします。時代の変動を目の当たりにしておりますが、一貫した本物の教育を続けております。次世代に向かってますますチーム一同精進したいと思います。どうぞ皆さん、これからもよろしくお願い申しあげますね。

フラワーデザイン・オブ・ブリテン東京事務所
日高ちひろ

イギリス花留学 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2010

毎年10月にイギリスロンドンにてフラワーデザインのワークショップをしています。このクラス自体は初回のオランダを入れると4回目となります。毎回その年の流行やフラワーデザインの流れなどを知る事ができ、同時にちょっと忘れかけていたテクニックなどよい復習の場所にもなっています。
フラワーデザイン・オブ・ブリテン オランダクラス2007 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2008 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2009 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2009

花留学に追い風

イギリスポンドに対して円高が急速に進んできています。過去20年間で現在が一番の円高です。

花を仕事とするために勉強する学校。せっかくですからこの機に海外花留学へ目を向けてみて下さい。イギリスを含めヨーロッパ諸国では公立で1年-2年たっぷり期間を取り、インターンシップを含めたトレーニングプログラムを用意している学校があります。金銭的・時間的な余裕があればもちろんお勧め。でも限られた時間で学ぶにはやはりフラワーデザイン・オブ・ブリテン(FDB)のようなプライベートスクールが適しています。

FDBではベテランの先生たちが一日中生徒たちと向き合って熱心に授業をしています。大事な事は私たちにもわかりやすくデモンストレーションを交え教えてくれます。フラワーアレンジメントの基本はどこの国でも同じです。でしたら今円高を利用してイギリスで授業を受けるのもアイディアです。

コンテンツの配信