その他

やさしい処置法

Hydrangea with natural moss to keep its moiture
この水色のアジサイを使うたびに生産者の方の心が伝わります。
アジサイは大変水が下がりやすく出荷の時は必ず保水の工夫が必要です。今年から使っているこのブルーのアジサイにはいつもヤマゴケが当てられています。自然に帰る事のできる植物での処置、コケを採取する時間とその労力を考えると、感謝の気持ちがあふれてきます。紫陽花だけでなく私の心まで処置してくれたようです。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2010
開催日時 2010年10月28日 - 31日(4日間)
場所 ロンドン ハマースミス
費用 680ポンド
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

入賞者 ユーロフローラコンペティション@英国 タットンパーク フラワーショー

この競技会も4年に一度。ユーロフローラコンペテイション2010年の入賞者です。
1位 Attila Kiss from Hungary
2位 Joe Massie from England
3位 Thomasz Kuczynski from Poland

1位と2位の差が0.01ポイントの僅差だったそうです。作品はちょっと凄過ぎ。ヨーロッパの教育の高さが感じられるコンペでした。

以下テーマ事のコンペの内容と各部門入賞者です。
- Task 1 – “Oneplace at Tatton Park”, 自由課題 Joe Massie, Great Britain.
- Task 2 – “By the Golden Brook”, ハンドタイドブーケ: Elisabeth Schoeneman of Germany.
- Task 3 – “The Kitchen Garden”, プラントデザイン: Attila Kiss of Hungary
- Task 4 – “Marriage in the mansion”, ブライダル: Janneke Roeland of The Netherlands
- Task 5 – “Let’s go gardening”, サプライズデザイン: Atilla Kiss of Hungary

ユーロフローラコンペティション@英国 タットンパーク フラワーショー

Eurofloure competition イギリスRHS協会より
現在イギリスで開催中のRHSタットンパークフラワーショーでは、ヨーロッパの25歳以下のユーロフルールコンペティションが行われています。このコンペは若いデザイナーたちの登竜門となるコンペです。技術面とアイディアが評価の対象となりヨーロッパ12カ国から選手が集まります。私のマークはイギリスJoe Massie君です。先日のチェルシーでもゴールド、その他過去4つのメジャータイトル制覇。今頃はガーラパーティの真っ盛りだと思いますが、はたして誰が勝者となるでしょうか。楽しみです。
参加国:ベルギー, デンマーク, フィンランド, ドイツ, イギリス, ハンガリー, イタリア, オランダ, ノルウェー, ポーランド, ロシア, スロヴェニア

RHS Tatton Park Flower Show

合理的に

Florist Sundry - binding band
先月アンスリュームのプロモーションで、オランダ人デザイナーのレーン氏が市場内でフローリスト対象にデモをしていらっしゃいました。彼のステージは楽しくわかりやすい解説で人を惹きつけています。この先生の大好きなプロダクトの一つに結束バンドがあります。彼はかなり早い時期から結束バンドを積極的に使ってきていました。日本でもすでに一般的なのですが、今回はブーケを束ねるのに長めの結束バンドを用意しいていました。結束バンドはプラスチックのためバクテリアの発生がなく花瓶の水が汚れません。短時間で大きなブーケを緩みもなく簡単に束ねられます。この合理的な考え早速にリツイットです。つい最近まで天然モノでないラフィアがお気に入りでしたが、夏場の自宅用のブーケはもう結束バンドに決まりです!

イギリス ハンプトンコートパレス フラワーショー 2010

Hadlow college, award-winning works
7月6日から11日まで、イギリスで開催されたハンプトンコートパレス フラワーショー。今年のフローリストリーのテーマは "Vintage England"
ちょっと懐かしい物や色使いアンティークの家具やアイディアを花と植物と一緒にアレンジ。近年の流行から視点を変た企画でした。このテーマに取り組むのはフローリストリーを専攻している学生たち。ノスタルジーを知らない彼らにとってのリサーチ源は彼らの祖母祖父たちだったのではないでしょうか。

3冠受賞をしたのは、KentのHadlow College: Gold Medal、Best in Show、Best College exhibit for their Crown Jewells displayを独占。素晴らしいです!このチームはタワー・オブ・ロンドンにあるアンティークなCrown Jewelsを巧みな技術をもって植物で再現。イギリス王朝繁栄の象徴のようなものですね。最高のお天気に恵まれ、ノスタルジックな衣装をまとったキャットウォークも開催されたそうです。もちろん普通のファッションショーではありませんよ。植物に工夫を凝らしトータルによき古い時代のイギリスをイメージしたステージだそうです。

秋のロンドンコースの合間にタワー・オブ・ロンドンへ立ち寄り本物の王冠を見てきたい気がしてきました。どなたかご一緒しませんか?

Vintage England
Vintage England
古い鍋にプランツを植えたセット (ガーデンデザインの一部)
写真 RHSサイトより

七夕

7月7日は七夕。もともとは中国の物語、織女(しょくじょ)星と牽牛(けんぎゅう)星が天の川を渡って会うというラブロマンス。7月7日に女性たちは針仕事がうまくなるようにと願いを込めて針に5色の糸を通し、庭に酒肴や瓜の実などのお供えを用意したとされます。この事を乞巧奠(きこうでん)とよび、奈良朝時代には日本に伝わり、平安時代には宮中や貴族階級での行事となりました。現代の7月7日は梅雨空で星が見れるチャンスがすくないのですが、旧暦では立春を過ぎた秋のころ、稲穂が実り出す頃で穂見(ほみ)や含み(ふふみ)などからこの頃を文月と呼ぶようになったそうです。

日本には万葉集にも七夕の歌が詠まれ、源氏物語でも梶の葉に和歌を書く光源氏が登場、御堂関白記や枕草子、伊勢集や古今和歌集でも多数七夕に関する歌が残っているそうです。星がもっと見えていたら七夕の楽しみもあったかもしれませんね。

ブーケとアレンジメント ジャパンカップ2010 セミファイナル

第一次審査をパスした20人によるブーケとアレンジメントの競技。持ち時間は30分ずつ。ブーケのテーマは 'Crystal Summer'
ブーケは束ねる所までは安心して観覧。ここからが難しい!丸い器、切り方を間違えるとうまくセンターに納まらないんです。本来ブーケは何もない状態でしっかりと立たなければなりません。デザインを加えてますので当然バランスも難しいですが、さらに厄介なフォルムの器です。こちらがドキドキ!
Japan cup 2010 bouquet 1st prize Japan cup 2010 bouquet Japan cup 2010 bouquet

持ち込まれた作品 ジャパンカップ2010

ちょっと日付けが前後してしまいますが、セミファイナルに向けた一次審査です。

テーマは’ワクワク ショッピング’ ウィンドーディスプレーのデザインです。
すでにキーワードが入っていますよ。’ワクワク’ そう、楽しい気持になるようなウィンドーディスプレーを求められているのです。お店は楽器屋さん、旅行会社、化粧品、お茶屋さん、ジュエリー、文房具、呉服や漆器屋などなど。中には宇宙旅行という商品もありましたよ!フレームは作り込んできて会場で設置。作品には店と商品のPRを含んだメッセージ伝達をしなければなりません。皆さんすぐに何かおわかりですか?ぜひログインしてお答え下さい。

フラワードリーム in 東京ビックサイト ジャパンカップ2010

FDBホームページでもご案内しておりますが、花のイベント フラワードリーム in 東京ビックサイトが開催されています。

一昨日と昨日はジャパンカップの決勝戦が行われ、今年の日本一フローリストが選出されました。このジャパンカップは4年に一度のワールドカップの出場をかけた大切なステップとなります。日本中のブロックの予選を勝ち抜いてきたフローリストの皆さんのステージ、懸命に作製する姿に感銘を受けてきました。

タイトル '真夏の夢’
Florist Japan Cup Championship2010 winner Florist Japan Cup Championship2010 2nd place Florist Japan Cup Championship2010 3rd place

リフレッシュのためのフラワーアレンジメント

Recommendation of flower arranging- refreshment of your life
不況が長引くイギリスでは政府労働技術機関のJohn Hayes氏が、余暇にフラワーアレンジメントやダンスなどを積極的に習う事を推奨しています。これは仕事がなく引きこもりがちな人たちへのリフレッシュメントを狙うもので、植物によるセラピーにより気分転換を図り明日への行動の原動力を補う事ができるという事だそうです。確かに1時間パソコンから離れて花をアレンジしていると頭がクリアになり、仕事を再開した時の集中力が増します。

携帯電話とiPadからちょっと離れて心に潤いはいかがでしょう。

コンテンツの配信