その他

有毒植物

ニラ 水仙
写真左 ニラ / 右 水仙
また水仙を誤食してしまったニュースを耳にしました。春と秋はどうしても誤食による中毒が多いようです。植物には動物や昆虫から自分を守ろうとする防衛力が毒を持つという事であり、かなりの植物が毒を持っています。私も根付きのニラをいただいた時、すでに庭には水仙が植えてありましたので植木鉢に植えました。そうすれば管理も容易く絶対に間違える事はありません。根に毒を持つ植物も沢山あります。気をつけて下さい。

身近なお花でも有毒植物はあります。普段フラワーアレンジメントに使う分には何ら問題はありませんが、根や茎、実にまで毒がある場合もありますので絶対に食してはなりません。

グロリオサ
フクジュソウ
ジギタリス
スズラン
カロライナジャスミン
トリカブト
スイセン
ヤマゴボウ
チョウセンアサガオ
アジサイ 等

Ref: 「身近にある有毒植物」東京都福祉保健局健康安全室健康安全課

フラワーデザイン展==================================
フラワーデザイン展 三花三葉/サンカサンヨウ 中目黒
2012年6月7日(木)-10日(日)
11:00-19:30 *初日7日は17:00より 最終日10日は17:00まで
目黒区中目黒2-5-28 レンタルスペース”さくら” 中目黒
==============================================

フラワーデザイン展の準備

 preparation for Floral exhibition, Meguro Tokyo
母の日が終わり、私を含めFDB卒業生によるフラワーデザイン展までもう3週間。毎日少しずつ準備をしています。釘を打ったり、電動ドリルで穴をあけたり、やすりをかけたり、普段のフラワーアレンジメントではとてもできない経験をしています。不安はもちろんあります。でもここまできたら頑張るしかないですね。

さて、キーウィの蔓1.2m位のを数本探しています。もしどなたかお手元にございましたら分けて下さい。info@fdb.jp

フラワーデザイン展===========================
フラワーデザイン展 三花三葉/サンカサンヨウ 中目黒
2012年6月7日(木)-10日(日)
11:00-19:30 *初日7日は17:00より 最終日10日は17:00まで
目黒区中目黒2-5-28 レンタルスペース”さくら” 中目黒
=======================================

オランダ花の祭典 国際園芸博覧会 フロリアード2012

10年に一度しか開催のない世界ホルティカルチュラルエクスポ「国際園芸博覧会フロリアードフロリアード」が4月5日よりオランダ南東部フェンロー市で開催されています。参加国は約40カ国。各国から様々な園芸品が数多く出展されコンペが開催されるのプロモーションの為の園芸博覧会です。出展内容はガーデンやパヴィリオンなど100に及びます。今年のテーマは「自然と調和する人生」。リラックス&癒し、緑との係わり、教育と発明、地球環境、そして世界のショーという5つの大きなテーマゾーンがあります。66haもある広大な敷地で毎日様々なイベントが繰り広げられているようです。

日本からの出展は、古来からある節句にちなむテーマだそうです。4月開催のトップを飾るのは2年前上海でインターフローラ世界大会出場のの中山佳巳さんの人日(七草)の節句をテーマにしたディスプレーです。大きな杉玉や竹、水の反射をも取り入れ日本を演出した空間。杉玉は作り酒屋で新酒が出来上がった時に軒先に吊るす物です。安土桃山時代、信長や秀吉が活躍していた1570-1600年頃は杉の枝を束ねたものだそうですが、「意気」を生活とする江戸時代になると丸くてちょっとおしゃれな現在の形へと変化しました。神が降りてきて滞在するともいわれる縁起物。落ち着きのある深い緑が日本的で、杉のフレッシュな香りがしてきそうな空間はお写真で拝見しても魅力的です。10年に一度となるとなんとなく行きたくなってしまいませんか?

フローリアード公式HP
日本語解説HP

============================
フラワーデザイン展 こちらもよろしくお願いします!
2012年6月7日-10日
フラワーデザイン展 三花三葉/サンカサンヨウ 中目黒
============================

Yves Piagetという大輪の薔薇

Rosa 'Yves Piaget'
モードなピンク、幾重にも重なる華やかな花弁、そしての卓越した芳香を放つ大輪のバラと言えばこのバラを思い浮かべる人は少なくないのでは。 'イヴ・ピアジェ' どこかで聞いたことのある響きとは思っていましたが実在する人の名前とは知りませんでした。先日Signatureという月刊誌の記事を読み発見。 スイスの時計・ジュエリーメゾン、ピアジェの創業家4代目のYves G. Piaget会長の事だそうです。憧れの花、憧れのジュエリーでしっくりと納得。
今頃何?なんて笑われるかもしれませんが... よいゴールデンウィークお過ごしください。

====================
フラワーデザイン展 三花三葉/サンカサンヨウ 中目黒
2012年6月7-10日まで、フラワーデザイン・オブ・ブリテンで知り合った3人による花展をします。目黒川沿いのギャラリーです。お出かけ下さい!
====================

ロンドンオリンピック100日前

さて、今年2012年はロンドンオリンピック開催されます。Kew Gadenではオリンピックの5輪が庭の芝生にアレンジされました。ヒースローへ着陸の時は上から見れるそうですよ。これからイギリスへお出かけの方、着陸寸前にちょっと下をご覧になってみて下さい。

イースターリリー

復活祭、イースターでは鉄砲ユリや大きな白いカラーリリーがシンボルの花として用いられます。 漏斗状の形をしたユリは神がキリストに復活をさせるために吹いたトランペットとされています。また聖母マリアに天使から受胎告知の際一本の白いユリが与えられるシーンの絵画も多く見られます。白いユリは喜びや希望、神聖、美徳、純潔などキリストの復活、新しい始まりの意と重なる事からイースターのシンボルとされてきました。アメリカでは 'White-robed apostles of hope’白い服をまとった希望の使徒(直訳)と呼ばれ、キリストが最後の汗を落としたゲッセマネの地に咲いた花とも言われています。イギリスでは白のカラーが一般的で、教会に飾られるアレンジメントは大きな白いカラーをメインに白やわずかに黄色みがかったユリや、スプレーマムなどを用いるのが一般的です。家にもこの時期の春の花のブーケなどが飾られますが、どちらかというと復活祭の花飾りはイギリス以外のヨーロッパ地域の方が需要は多いそうです。イースターサンデーの日に教会へ行った子供たちには水仙の花が配られ、お母さんやおばあちゃんへの手土産とされる風景がよく見られるそうです。

戦前は沖縄からユリの球根がアメリカに出荷されていましたが、1941年真珠湾攻撃により輸出がストップしてしまいました。以後カリフォルニアとオレゴンの境目あたりで栽培されるようになりカナダを含む北米全土に出荷されるようになったそうです。鉄砲ユリが出回る前はマドンナリリーという花が飾られていたそうですが、現在では花が大きくこの時期でも手に入る鉄砲ユリがイースターに代表するユリとなりました。宮古島へダイビングへ行った時、東平安名岬(ひがしへんなざき)に沢山のユリが咲いていたのをふと思い出しました。イースターが来ると本格的な春です。寒かった今年は梅も桜も開花が遅め。梅から桜へのバトンが今頃やっと渡されているようです。

イースターリリーは地域や時代によって様々な種類があるようです。花と文化のかかわり面白いですね。FDB Geoffrey Huges先生より教えていただきました。

カラーリリー Arum lily (Z. aethiopica) 湿地を好む大きな オランダ海芋です
サトイモ科ザンテデスキア属 
南アフリカ原産

鉄砲ユリ Lilium Longiflorum
ユリ科ユリ属
沖縄原産

イースターについて 

3月 ギフトとして贈られたい花

Rosa Rhapsody
卒業式、お彼岸、結婚式、送別会と何もかも怒涛のごとく来る時期。気温も暖かくなり、独特な春の空気が漂い私たちも優しく春めいたものに目が行ってしまうのは確かです。2012年3月24日の朝日新聞土曜be贈られたいお花のベスト5、ウェブからのピックアップです。

1位 バラ
2位 チューリップ
3位 カスミ草
4位 ユリ
5位 スイートピー

ちょっと意外だったのはカスミ草。 Baby's breath-赤ちゃんの息というニックネームがある花です。確かに香りもあり最近では大きくて素敵な品種も出ています。薄ピンクはとても可愛いお花です。そして

6位 カーネーション
7位 ガーベラ
8位 ヒマワリ
9位 水仙
10位 フリージア

いずれの花も子供の頃から馴染みのあるものばかり。やはり定番が人気のようです。ラナンキュラス、ヘラボラス、ムスカリ ストック オニソガラムなどはどの位の順位だったのでしょうか気になる所です。さて、あなたはどんなお花を贈られたいですか?

卒業や送別の際、好まれる色は
1位 ピンク 40%
2位 赤 19%
3位 オレンジ 13%
4位 白 9%

--
花を趣味や職業としない一般の方との感じ方の違い、大いに参考になりました。

オーキット 蘭について

Orchid arrangement
オーキットは切り花の中ではもっとも長く咲いてくれる植物で、私もギフト用のフラワーアレンジメントによく使っています。蘭は花をつける植物25万種類の1割も占める巨大ファミリーです。出身地はその科によって大きく3つに分かれます。たとえばファレノやパフィオ、シンビジュームなどは東南アジア、カトレアやオンシジュウム、エピデンドラムなどは南米、そしてアングレカム、エランギス、バルボフィラムなどは東アフリカから南アフリカまでの分布です。アフリカの蘭はちょっとマニア向けですのであまり切り花としての流通はないですね。

2月18日(土曜日)から蘭展が始まるためサイトをサーフィンしておりましたら。判り易くとてもよい解説を見つけました。お時間ございましたらご一読を!
らんを知る

世界らん展
東京ドーム
2012年2月18日-26日

ハッピー バレンタイン・デー

Valentine's flower gift
本日はバレンタイン・デーですね。お花を贈りましょう!
皆さん Happy Valentine's Day!

バレンタイン・デーのお話

3人展 2012年6月

英国のフラワースクールを介して知り合った3人。卒業後もワークショップやマスタークラスなどを通し、お互いに学び様々なトピックスを共有してきました。せっかくのつながり、今度は思い切ってアウトプットを試みようと思い6月初旬、目黒川ほとりにて小さな3人展を開く事にいたしました。個性もテーストも違う3人、どこかにコアな部分と個を出す部分現在模索中です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3人展 - 牧村紀子 柳井規子 日高ちひろ
2012年6月7日(木)~6月10日(日)
目黒区中目黒2-5-28
ギャラリーさくら (目黒川沿いです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FacebookにてFlower Design of Britainのグループを設立しました。3人展プロジェクトの進行具合などご覧いただけるようになっております。
FDBで少しでも学んだ方、どっぷりと関わった方、これから花の世界にデビューしたい方、花が好きな方、フランクな集まりです。よろしかったらご参加ください。

コンテンツの配信