カラー

2017年夏 花の色

2017年夏からの流行色
今世界の舞台で活躍するトップデザイナーたちの作品は、構造に重点が置かれ、多くの資材と花を使い、目を捉える奇抜なデザインが頻繁にみられます。ヴィヴィットで派手な色使いも特徴の一つでしたが、今また新たな動きがあるようです。色に変化がでてきました。発端はアメリカの生産者たちが生む新種のしかもちょっと変わっている花たちであるとの事です。それらは色味が柔らかく、どこかヴィンテージでここちよい自然らしさを含むものです。今回私がこのトピックスにしようと思ったのも花の巨匠が造る作品の色に心ひかれたのが理由です。

ヴィンテージやクラシックなどのテーマはイギリスでも数年前にそのスタイルのリバイバルがありましたが、
今度は色による表現です。スモーキーでソフトな色あい、少しまったりとしたような色、暖色のグループと寒色のグループそれぞれに存在。さてどう使うかですよね。作者の個を感じさせる、ユニークな形や構造、そして心にときめきを与える色。ちょっと変った資材の発掘も必要です。色は感情に働きかけるため、色自体に関する事も少しばかりおさらいが必要です。そして人の心情に語り掛けられる色使いができたら素晴らしいですね。

イギリスはすでに気温も下がっているとの事。日本もあと数週間で季節の変化を感じられると思います。トーンダウンしたピーチやサーモンピンク、落ち着いた紫にこれから活躍のブラウン。みなさんはどんなフラワーデザインを愉しまれるのでしょうか。
ラナンキュラス 'オルレアン' バラ 'シルフ+' ファレノプシス / 胡蝶蘭 'リトルエンペラー'

絵画と花

Art and flower Art and flower Art and flower
今に始まったものではないのですが絵画と花の作品を一同に並べたコーナーがありました。なかなかユニークで結構人気の高かったエリアです。絵画と花、トリックが判れば誰でも簡単に楽しむことができます。お店に飾るのも話題性があり楽しと思います。絵画と花のアレンジメントはFDBのカラーコンセプト フラワー&アートのクラスで学べます。ショートクラスですのでリクエストをいただければ日程の調整が可能です。

鮮やかなオレンジ

Vivid Orange Bright Orange rose display
New Variety of orange rose Bright Orange gerbera display Bright Orange gerbera Strong Orange ranunculus

今年は特に蛍光色とも取れるような強い色がよく目に飛び込んできました。もしかしたらブームが来るのかな?
Happy Holidays!

シルバーとグレー アクロマティクの世界 2011年流行色

silver silver gray colour is a trend in 2011
ロンドンクラス終了後はオランダのフラワーショーへ出かけるのが毎年のお決まり帰国ルートとなってしまいました。11月初旬はまだそれほど寒くもなく秋に染まるヨーロッパは美しくどことなく魅かれるものがあります。それに何と言っても3か所で同時開催のフラワーショーは見逃せません!

silver gray display at IFTF
さてアールスメアのマーケットでもシルバーとグレーのアイテムが圧巻。昨年まで見られたパープルはすっかり下火となり、白 → グレー → 黒のグレースケールでのデザインが目をとらえました。街を歩けばインテリアショップのディスプレーまでもがグレー。ふと気がつくとアムステルダムの中心街にあるブティクまでもがブラック&ホワイトのウィンドウ!そして思わず手にしたブラウスはやはりグレー(笑)すべてロンドンから繋がり、なんとなく腑に落ちたという感じです。
もちろんフラワーショーの会場では、お花の色がとてもカラフルに栄えていましたよ!来年はFDBの仲間とトレンドウォッチなどご一緒にいかがでしょうか?
Achromatic window display @ Amsterdam central

ネパールの結婚式

昨日ネパール出身の方とご一緒する機会がありその方の親族の結婚式のお写真を拝見させていただきました。

結婚式の始まる前に花嫁と花婿は婚礼のパーティーを別に行い、花婿のグループが花嫁を迎えに行くとの事です。花嫁は赤の豪華なサリーをまとい、親族の既婚の女性たちもほぼ全員赤い衣装での参列。花嫁と負けないくらいの派手な衣装を選ぶとの事です。一方未婚の女性たちは様々な色の洋服やサリーでした。花婿もシルクの民族衣装。こちらも贅沢に生地に刺繍が施されていました。花嫁の手にはブーケはなく、両腕にはタトゥーを描くとの事。本物ではありませんので洗い流せます。一方花婿には草で編んだ首飾りが胸のあたりを大きく覆うようにかけられていました。

ネパールの宗教は大多数がヒンドゥー教です。寺院の近くなどにはカラフルな三角旗が道路の上に張りめぐらせてありましたが、青、赤、黄色などそれらの色にはきちんとした意味があるそうです。異国の文化の事とても興味深くお話を伺いしました。またこんな機会があるとよいと思います。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
ロンドン花留学 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011

開催日時 2011年10月27日 - 30日(4日間)
場所 ロンドン ハマースミス
費用 680ポンド
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

卵とうさぎ イースターの象徴

イースターとはイエス・キリストが金曜日に十字架に架けられ、3日後の日曜日に復活した日として祝う日です。キリスト教徒にとっては一番大切な記念日となります。一般的には春の訪れを祝う日として各国さまざまなイベントが開催されます。詳細はFDBトピックス イースターのページにアップしておきました。

イースターの卵 Easter Eggs
新しい生命の象徴として、キリストの復活と卵から生まれるひなのイメージを人類の喜びとして重ねたものです。そのため昔からゆで卵をイースターの贈り物として子供たちに配っていました。約100年位前から卵の形をした甘いお菓子が用意されるようになりました。昔は木や貴石などの彫り物だったそうですが今は卵の形をしたチョコレートが一般的です。一方、固ゆで卵を用意し、子供たちに好きに塗らせる所もあります。アメリカでは卵を庭に隠し子供たちによる卵ハンティングや芝生の上をスプーンなど使っての卵ころがしのゲームもあります。米国ホワイトハウスでのエッグローリングゲーム、イギリス北部のhop-eggと呼ばれる卵をまたぎながら優雅に踊るゲームもあるようです。

卵に色をつけた理由は、戒律を守る東方教会の人々が卵を赤く染めキリストの流した血を思い出そうとする習慣から来たのかもしれません。染色は春に咲く沢山の花を使ったそうです。卵はどこの国でもイースターを象徴するものとして定着しています。

イースターバニー Easter Bunny
野兎は昔から春にちなむ動物として親しまれてきました。野兎は春に活動を開始し、自然界もまた伊吹の季節を迎えます。野兎はアングロサクソンの春の神 ’Eostre’と 考えられていました。うさぎは多産。子孫繁栄とも捉えられていたのでしょう。

イースターバニーが卵を抱えてやってくるというお話はアメリカへ移民したドイツ人によるものです。その習慣はよい子には色のついた卵が届けられるというものでした。子供たちは帽子などで卵を入れてもらうネットを作ったそうです。なんだかクリスマスの靴下のようですね。

色はユニバーサル

Colour variation of Anthurium Andreanum
色の意味や色から連想される事を考えた事ありますか?私のクラスでは時々生徒さんと一緒に考える事があります。

ある日紫をテーマに紫ばかりの花をそろえた事があります。いたる所に紫のグラデーション当然デスクの周りにも。ところがこの紫がどうも私の心をかき乱してしまったのです。落ち着きがなくなり集中が途切れてしまったのです。こんなに落ち着かない経験は初めてです。対策として、反対色の黄色を前列に並べその場をしのぎましたが、色が人の心に大きく影響を与える事はこの時にはっきりと実証されました。

色の認識や解釈ははどの国でもだいたい同じです。

赤:太陽 情熱 炎 エネルギー 愛 世界統一的な(worldly) 女の子
青:海 空 夜 静けさ 信頼 沈静 ミステリアス ロマンティク 新鮮 男の子
黄:太陽 暖か 光点 放射 軽さ 嫉妬 邪 新鮮
橙:夕日 エネルギー 豊富 強さ ハーモニー 活発
緑:森 平和 調和 自然 惑 策謀 生命力 安心
紫:知性 洒落 冷静 富 贅沢 寂しさ 詩情 ロマンティク 墜落

では白と黒はどうなんでしょう?
よろしかったらログインして書き込んでください。

FDBヨーロッパスクール ロンドン コンテンポラリーフラワーデザインクラス
London Extravaganza 09 Contemporary floral design class
2009年10月8日(木曜日)-11日(日曜日)
ロンドン フラワーデザインクラス

色が伝えるメッセージ

バレンタイン・デーが近づき、チョコレート売り場がいよいよ熱くなってきています。昨年ベルギーで目にしたチョコレートショップのディスプレーを思い出しています。訪れた季節は10月下旬。ハロウィーンが近くオレンジと黒のディスプレーが鮮やかでした。

バレンタイン・デーでは赤が主役の色となりイベントを盛り上げます。赤には愛情・情熱を表し、副交感神経を刺激する効果があります。このように色にも花言葉同様、季節や行事などのシンボルとなり、漠然とではありますがメッセージを発信する事が出来るのです。

なんとなく見ているウィンドーディスプレー、今度は色などちょっと気にしてみるようにして下さい。楽しみが広がりますよ。
window display at a chocolate shop window display at a candle shop

モーヴという色-Mauve

Mauve
モーヴ(Mauve)ってどんな色?
イギリスのスクールで授業中にディスカッションが始まりました。生徒たちの間で様々な考えがありだれもが適格に色を説明することができませんでした。
そこで校長が出てきました。彼女は1Fの店まで降りて、花とリボンのサンプルを持ってきてくれたのです。

写真一番上がパープル
中央がモーブ
一番下がラベンダー

全員が納得です。
日本ではぼやけた色や赤紫のような色をモーヴとして表現していますが明らかに間違いです。この際きちんとした知識を身につけてください。

コンテンツの配信