花粉症・アレルギーを起こしにくい植物

花粉症を起こしにくい植物
私自身様々な植物にアレルギー反応があり、イギリスの先生からはなぜ花の仕事に?と揶揄されるくらいです。忙しい花屋を営むデザイナーも花粉の飛ぶ時期になるといきなりトーンダウン。花粉症とは誠にうっとうしい限り。アレルギーの原因となる花粉が飛び散るブーケなどは、正直どんなに素敵でもいただきたくないです。ギフトとしてオーダーを受ける時の花選びはなるべく影響の少ない花を選ぶように注意しています。以下少しばかりですが、私が日ごろから使う花たちです。春先から夏ごろまで出回る花を中心に選んでみました。

オーキッド ラン科の植物は花粉が飛び散らない代表的な花。
アンスリューム
ザンテデスキア
ダイアンサス
トルコキキョウ
バラ
リンドウ
セロシア
プロテア
リューコスペルマム
ハイドランジア
リシアンサス
デルフィニウム
ニゲラ
スィートピー* 皮膚にアレルギー症状が出る方もいます
ビバーナム
ストック
フリージア
パンジー
ラナンキュラス
リモニウム
オレガノ
ワックスフラワー
ブバルディア
オキシペタラム**切ったときに出る白い液は皮膚につかないように注意

実物 開かない物だったらほとんど大丈夫
バラの実
クロコスミアの実 
ユーカリの蕾 
ビバーナムデンタタムの黒い実 
ヒペリカム

植物の事をよく知っているとお花選びもスムーズですし、他の方への気配りにもつながります。ヒーリング効果のある植物たち、上手に使いましょう!

生花のコサージュ

生花のコサージュ
春は卒業式や入学式、結婚式など和やかなお祝いの集まりが増えてきます。そんな時のドレスやスーツの胸元にフレッシュなお花のコーサジュをつけると、またぐっと華やかな雰囲気となります。

生花のコサージュはどうやって作るのでしょうと聞かれる事が多いのですが、お花の一番美しい部分だけを使いワイヤーで形成してゆきます。初めてコサージュの作り方を学ぶ生徒さんに作り方をお教えすると、大抵は大胆な花首カットに目を丸くしてびっくりした様子でご覧になっています。

好みの花を使ってのコサージュ作りはとても楽しいのですが、やはり向き、不向きの花があります。人間の体につけるものですので体温による影響があります。パーティは短時間という考えですが、気が付いたら水が下がっているなんて言う事はプロの仕事として許されません。作る時も手の温度で花を傷めないよう気を使います。作り手は練習を重ねできるだけ短時間でコサージュを作る事が望ましいのです。

コーサジュに向いている花
比較的暑さに強い花がリストに上がってきます。ドライでも用途がある花なども活躍します。反対に使いたくないお花はチューリップなど温度傾性のある植物です。体につけると開花が進み原型をとどめなくなってしまう時があります。そして切った時に液がでる物、これは作り手にとってのアレルギーを発生しやすく、水あがりが悪い植物もしくはすぐに水が下がるものが多いです。花粉がボロボロと落ちるものもドレスを汚しますので使いません。リーフとの相性もありますので、様々な花で試作し、作りやすく、植物同士の相性がよいものを見つけてください。何事も経験ですのでトライ&エラーです。参考までに私がコサージュによく使う花々です。

バラ
胡蝶蘭
シンピジューム
デンファレ
ヴァンダオーキッド
ステファノティス(マダガスカルジャスミン)
カーネーション
カラー
ガーベラ
トルコキキョウ
グラジオラス
スプレーマム
ヒヤシンス
フリージア
スプレーストック
ムスカリ
エキノプス
ワックスフラワー
リモニウム
ヒペリカム
ユーカリ ポプラスベリー

コーサジュのお花の選び方

香る花の魅力

クチナシ
花の形、テクスチャーはブーケやフラワーアレンジメントをする際のデザイン要素となり大事なのですが、芳りのある花に遭遇した時は、足を止め目を閉じて心豊かになる瞬間があります。香る花については2009年のブログ香る花でいくつかご紹介しましたが、今回はTwitterのfloraldailyの記事で見つけたロンドンの著名なデザイナー Niell Strainさんのブログより花と香の関係、切り花にはどうして香る花が少ないのか、イギリスの夏に入手できる香る花などをピックアップしてご紹介します。

花は様々な固有の形、鮮やかな色や芳香などで昆虫や鳥たちを引き寄せ受粉をしてもらい、固有の種の存続をしています。鳥や蜂は色が分かるためより明るい色の花へ、その他の花、例えば庭のハーブや森にある花などのほとんどは香で昆虫を引き寄せる仕組みであるようです。受粉が終われば種を付ける準備となるため、豊かな香も鮮やかな花の色もこの時点で役目終了。現在花屋で見つけられる花のほとんどは農家によって栽培され、消費者の手元でより長く持つためにブリーダーたちにより改良を重ねられています。ハウスの中では虫を完全にシャットアウトし、受粉をさせないようにしているとの事。

寂しさを感じますが、香る花はもちろん存在します。イギリスで夏に入手できる花はフリージア、たくさんの色のバリエーションがあり、最初の花が終わってしまってもちゃんと最後の花まで咲き、長い間楽しめるとの注釈です。ストックは日本では早春のお花ですが、甘い香りが脳裏をかすめますね。日本で6月から7月に咲くクチナシ、デリケートで私にはなかなか難しいで花です。百合、最近はローズリリーという八重咲きで花粉の出ない種類も紹介されています。昨年のハンプトンパークのフラワーショーでは展示たありました。数年のうちには日本でも入荷しやすくなると思います。そして最後にケニアで栽培されているダマスクローズ、香水の原料ともなる芳醇な香りがするバラはStrain氏のお気に入り。特に彼が入れているファームでは、地球にやさしい持続可能な栽培方法で、地元の方々へも仕事をオファーできるフェアートレードであるとの事。一流のフローリストにとっても香る花はやはり特別なようです。

日本フラワー&ガーデンショウ2016 横浜

薄ピンクのジギタリス
4月22日から2日間、パシフィコ横浜の展示ホールで開催されていた園芸展にも出かけてきました。ハンギングバスケットや寄せ植えのコンテスト、新種の花の紹介のコーナー、チューリップの展示などがありたいへんな賑わいでした。

まずは素敵なハンギングバスケットと寄せ植え御紹介しましょう。壁なども手作りされており、中には絵画風となっていてハンギングバスケットと素晴らしい調和でのディスプレーでした。
ハンギングバスケット金賞作品 'Shabby chic<br />
' ハンギングバスケット金賞作品 タイトル「Shabby chic」
ハンギングバスケット コンペティション会場 ハンギングバスケット ハンギングバスケット ハンギングバスケット

寄せ植えも素敵です。いつか同じようにできたらと思いますが、やはり少しばかりの勉強と経験が必要なようです。皆さんも参考になさってみてはいかがでしょう。

白・黒とグレー 再び?

2015年冬はピンクのポインセチア
先日幕張メッセで開催されていたIFEXへ出かけてきました。目に飛び込んできたものは白、黒とグレー系の器とラッピング資材です。花の世界でもグレーを基調としたパターンや色合いの資材が2015年冬のトレンドとなっています。グレーは中間色、特にメディアムグレーは色の彩度や明度を比べる際の基準にもなります。私も無難にと思うときはグレーの器に手が伸びてしまいます。レッスンで使う器にグレーがあるのは大抵の色を受け入れてくれるためとても重宝するからです。
白と黒の様々なパターンのラッピング紙 グレーの鉢カバー テクスチャーに特徴があるグレーの鉢カバー
私自身、数年前からクラシカルなパターンのラッピングが気になっていましたが、今年は紙ではなく破けにくいセロファンタイプにグレードアップしたものがありました。水玉模様やストライプ、チェックなどいささか派手なラッピングはやはりインパクトが出ますね。器もダークなグレーにツリーのパターンが入っていたり、テクスチャーを入れたお洒落な鉢カバーなど見ました。

エアープランツのハンギングディスプレー
多肉植物は相変わらず人気です。チランジアなどエアープランツと組み合わせたりして面白くディスプレーされていました。

フラワーデモンストレーション IFEX2014

フラワーデザイン デモンストレーション ローラン・ボーニッシュ氏 フラワーデザイン デモンストレーション ローラン・ボーニッシュ氏
展示会場はいささかダウンサイジングしましたが、見学者にとっては丁度よいと感じました。会場の一角にアーティストたちによるデモンストレーションの場があったため移動距離も少なく助かります。朝一番のデモはLaurent Borniche氏。申し上げるまでもなく予約制であった会場はすぐに満席。後ろの方になってしまいましたが、どの角度からも見えるように作品を持ち上げゆっくりとポーズの時間を取って下さいます。スタイルの違うブーケ2つ、フレームを使ったデコレーションを一つ。太い鉄線でできているフレームベースも最高に美し仕上がりでとても感銘いたしました。氏が人気の理由は単に彼の作る豪華なブーケだけではなく、お客様に対してのサービス精神、アーティストの才能に加えワークマンシップもトップクラス。観客を魅了した一時間であったと思います。
もう一方は江口みきさんによる30分のデモ。エレガントでクラシックな器に豪快に花をあしらう、数をこなしている方の仕事です。紫のカーネーションがメインで一番見せたいお花との解説をしながら、難しい色たちをそつなく合わせてしまっていらっしゃいました。デモが始まる前には用意されている花材が少ないかなと感じましたが、見せ方使い方がプロのお仕事。葉を落とさずそのまま使うという点はボリューム、手間の点でメリットがあるという事を感じました。ステージにはデモ作品以外数点ディスプレーがあり、生のお花は生産者さんのご協賛との事。無論出す方はトップクオリティを揃えてきます。心にひっかかった事はディスプレされていたガーベラのアレンジメントのメカニカルです。本音を申し上げるとデモよりももっとインパクトがありました。帰り掛けに数人のアシストの方からクラスへ是非ご参加をとのお誘いを受けましたがその方々も気が付かなかったのでしょうか....残念

新種の花たち IFEX2014

Happano Korin by Jardin Co.
先日幕張で開催されたIFEXへ出かけてきました。
メーカーによる展示会で新しい資材や花などを見に行ってきました。会場の一角ではフラワーショーも開催され、ショーを見る合間に展示場巡りをするちょっと駆け足な一日でした。

新種の花のコーナーでは当然ながら目新しい花が美しく展示されていました。トップの写真はコリウス。葉のつき方がとても特徴的です。もこもこっと増えそうです。トルコキキョウも白の’ハピネスホワイト’とグリーンかかった白’ロザリオグリーン’(英語の表記ではChaconne Green?)、どちらも大きくフリンジも素敵な見栄えするリシアンサスです。これから活躍するシクラメンに新種です。今までもとても改良が進められていた分野ですが、沢山の花びらが重なって咲く姿はとてもかわいらしくはしばし足が止まってしまったほどです。早く市場に出ないかと一人ワクワクしてしまいました!デルフィニウムのアンニュイな色は優しくバーベナはバイカラーで鮮やかでした。このコーナーは何時間いても飽きないです。

International Lonely Bouquet Day お花のプロモーション

International Lonely Bouquet Day The lonely bouquet by Flower Design of Britain Tokyo
昨年より花に関する世界的な活動があります。目的は花を愛で楽しみましょうという所です。
活動は年に一度決まった日にフローリストやデザイナーあるいは花の生産者さんもしくは庭で花を育てている園芸家などがそれぞれオリジナルの花束を作り、どこかに置いて通りかかった方にお持ち帰りいただくという方法です。ブーケにはメッセージカードを添え、イベントの事や自分の店の事なども書き入れられます。もしブーケを拾い上げてくれる現場に居合わせたらきっと手にした方の笑顔を見る事ができると思います。綺麗と思いしばし足を留め花の魅力にうっとりしたり、ラッキーと思いにやけていたり、目を細めて喜んだり....人の表情は様々。拾った方がその瞬間だけでも幸せを感じてくれる事ができたらプロジェクトは成功です。2014年は6月29日でした。小さなブーケの贈り物で人の笑顔を引き出す事ができるなら、作り手もたいへんハッピーです。2014年は6月29日がこのLonely bouquet dayでした。この活動のホームページではブーケをおいた場所、もしくはピックアップした場所を、自由にピンナップすることができます。頂いた方からのメッセージなども投稿されコミュニケーションの場となりなかなか楽しいです。

たとえ一本の花であっても人の心をなごます事ができると思います。とても素敵な企画ですね。2015年は6月28日です。
The Lonely Bouquet

The lonely bouquet by Flower Design of Britain Tokyo
こんなふうに事務所の前の道路に置いてみました。

国際女性デー ロシアより愛をこめて

国際女性デー 'International Women's Day' で花を贈り合うのはイタリア(ミモザの日)だけではなくロシアにもその習慣はあります。
花を贈ろう国際女性デー
1917年の2月最後の日曜日(旧暦ジュリアン歴)はロシアにおいて国際女性デー。この日パンと平和を求めてロシアの女性たちの間でのストライキが起こりました。数日後には鎮圧する政府の兵士たちも加わり帝政が崩壊する事となった2月革命です。後に暫定政府により女性の参政権がみとめられました。

現在のロシアは他の国と同様のジョージアン歴となり国際女性デーは3月8日です。この日の早朝、女性が起きる前に男性は花を買いに行くそうです。寒い国でのとても暖かい習慣です。日本にも日常的に花を贈り感謝や愛情を分かち合える日が多数できるとよいです。お花を贈りましょう。一輪の花も心を豊にしてくれます。

ミモザは春の訪れ "FESTA DELLA DONNA" from Italy2009年のブログです

ワックスフラワー

ワックスフラワー 'レベレーション' ワックスフラワー 'レベレーション'
オーストラリア原産のワックスフラワーといういささかワイルドな趣がある小さなお花をご存知でしょうか。先週のワークショプで使ったワックスフラワーが咲いていますので本日はこのお花の話題と致します。

産地での花の季節は春から初夏。季節が反対の日本の市場では秋頃から出回ります。茎はやや木化して硬く、パリットした感触の5片の花弁。葉は針葉のように細長く円柱状で対生。ワックスフラワーという名前の由来は花や蕾がワックスで塗ったようなテカテカとした質感からきているようです。乾燥にも暑さにも強く切り花にしても最初の水揚がしっかりできれば長持ちです。フレッシュな葉からは独特の香りが漂うのを感じる方も多いと思います。花の色はたいていはピンクから白、最近は写真のような花弁にパターンが入っている物も見られます。レンズで拡大してみるとますます可愛い!長年この花のファンです。アレンジメントにもブーケにも使える優秀な名脇役の1つです。

ワックスフラワー Chamelaucium uncinatum
フトモモ科カメラウキウム(ワックスフラワー)属 Myrtaceae
英語名 Geraldton waxflower, waxplant
オーストラリア南西部原産

左後ろ側にワックスフラワー 大きな花と花の間にワックスフラワー

コンテンツの配信