植物

素晴らしい生命力

Gaultheria shallon
10日以上前に購入したレモンリーフ。フラワーアレンジメントでは大活躍の葉っぱです。
なんと枝からにょきにょきと新芽が出てきたではありませんか!たくましいです。本日の感動でした!

ツツジ科シラタマノキ属(Ericaceae)
原産地 北米
Gaultheria shallon
Salal leave, 日本ではなぜかレモンリーフ ←全然レモンと関係ないのに。

アンスリューム 'Spice'

アンスリュームはとても存在感のある花です。トロピカルでベースライフも長く特に夏の時期にはかなり活躍してくれます。つやつやとしていて光沢のあるハートシェープの部分を仏炎苞(ぶつえんぽう・英語ではspathe)と呼ばれ、真ん中から突き出ているものが小花を密につけた肉穂花序(にくすいかじょ・英語ではspadix)と呼ばれます。オランダの巨大フラワーマーケットFloraHollandで今注目を集めているのがこのアンスリュームです。名前は 'Spice' 鮮やかな赤にフレッシュな緑のパーフェクトな色のコントラスト、なんといっても赤紫色の穂なのです。この赤紫の肉穂花序は通常ちょっと渋めの色のアンスにはありましたがこれほど鮮やかな赤・緑のコンビネーションにはありませんでした。15-20cmとかなり立派な容姿です。10月のフローラホーランド市場見学でお目にかかれるとよいですね。

Anthurium Andreanum Spice
Anthurium Andreanum Grp 'Spice'
Family: Araceae
Common: Tailflower

蔓茘枝 (つるれいし)

9月になり気温が少し低くなり過ごしやすくなりました。蝉の声がうるさくて目を覚ましたものですが今は数が減っているのでしょうかそれほど気にならなくなりました。代わりに夜は秋の虫の声が聞こえるようになってきました。季節は少しづつですが移り変わってきているようです。

初夏に植えたゴーヤーが大きく育ってきました。沖縄で食べたゴーヤーよりも種類が違うのでしょうか, はたまた育つ気温が違うのでしょうか、苦さが足りないのです。いえ、まったく苦くないのです。もっと苦い方がビタミンがたくさん含まれているような気がするのは私だけ?

ツルレイシ
ニガウリ
ウリ科ツルレイシ属
Momordica charantia
Common: Bitter Melon

ニガウリ・ゴーヤー 正式には蔓茘枝 (つるれいし)

コンテンツの配信