フラワーショー

目新しい花 IFTF2016 オランダ

目新しい花 上向きに咲く鉄砲百合 IFTF2016
目立つディスプレーに引き寄せられるように各ブースへお邪魔してきました。新しい花や売れ筋などの展示があります。楽しい発見ありましたよ!

まずは大人気のバラ。ヨーロッパは複色の種類がたくさん流通しています。
複色のバラ オランダフラワーショー 複色のバラ オランダフラワーショー 複色のバラ オランダフラワーショー 複色のバラ オランダフラワーショー
シルバーのラメをあと付けしたものですが、クリスマスやヴァレンタイン・ディに活躍しそうです。

花のディスプレイ IFTF2016 オランダ

IFTF2016 フラワーショーでの花のディスプレイ
フラワーショーでは自社の商品(花)をプロモーションするためブースのディスプレーはどれもデザインが工夫されとても素敵です。見やすかったのはやはりスペースをあけパターン化され整列されている所でした。ほどよくリズムがあり心地よい印象です。商品を沢山持っている企業は多種類を使ったディスプレーが目を惹きました。花をグルーピングで使用するのは強いインパクトが生まれ遠くからでも存在感があります。

スペースを取り、リズムよく並べられたブース
心地よく整列されているディスプレイ フラワーショーでのディスプレイ フラワーショーでのディスプレイ フラワーショーでのディスプレイ

多種類の花でモダンに展示

日本の花 IFTF2016 オランダ

Chrysanthemum 'Autumn'
花のトレード量世界一の規模を持つオランダのアムステルダムで開催されるフラワーショー。家族の出張が重なり早めに帰国しなければならず、イギリスからの移動を含めて3日しかオランダでの滞在時間がありませんでした。IFTF開催中はアールスメアの市場でもフェアがあります。一日目はIFTF、2日目はアールスメアへ行く事にしていました。IFTFの会場では羽を付けたお姉さんのお出迎え。いえいえ、あるメーカーのプロモーションのための方ですが、こんな事ですらうきうき感が沸き上がってきます!
オランダフラワーショー
日本のお花からご紹介しましょう。フラワーショーでディスプレイされる花はたいていとても大きくて立派で頑丈そうです。一方、日本の花は繊細な美しさが売り。この魅力はみなさんも実物を見るとわかると思います。丁寧に作られており国民性を感じました。ある意味ほっと息がつける所です。アレンジメントでも静かで少し引き気味にあしらう部分がありますが、丁度そんな感じです。トップにあるマムは何人もの人が足を止め写真を撮っていました。控えめですがとても魅力的な菊です。
Gentiana 'Hatsukansetsu love' 初冠雪ラブ  日本の花 IFTF

自転車でフラワーショーへ IFTF2016 オランダ

フラワーショーへは自転車で 青空が広がるHoofddorp
FDBヨーロッパクラスが終了しすぐにロンドンからオランダへ移動。今回は会場の近くの個人経営のB&Bへ宿泊。広さも十分、施設もモダンで使いやすく、なによりも親切なオーナーと仲良くなれたのが幸いでした。

エコの先進国オランダの交通手段と言えば自転車です。B&Bのオーナーに自転車を借りフラワーショー会場まで自転車で向かいました。お天気はもちろん晴れ。途中に大きな公園があり大自然を満喫しながらのサイクリング。途中羊の群れを発見。カメラを取り出しているとみんな一斉に私のほうへ向かってきます。そしてなんとズボンのすその匂いを嗅いだり、ジャケットの紐を引っ張ったりといたずらを始めました。こんなに近くで羊にたわむれられたのは初めて。それとも餌を持っていると思われたのでしょうか。大きな羊たちの迫力に負けいそいそと退散。あ~あビックリ珍事件。
オランダで自転車に初挑戦の筆者
こちらへ向かってくる羊の群れ 羊に囲まれ身動きが取れません羊に囲まれ身動きが取れません

日本フラワー&ガーデンショウ2016 横浜

薄ピンクのジギタリス
4月22日から2日間、パシフィコ横浜の展示ホールで開催されていた園芸展にも出かけてきました。ハンギングバスケットや寄せ植えのコンテスト、新種の花の紹介のコーナー、チューリップの展示などがありたいへんな賑わいでした。

まずは素敵なハンギングバスケットと寄せ植え御紹介しましょう。壁なども手作りされており、中には絵画風となっていてハンギングバスケットと素晴らしい調和でのディスプレーでした。
ハンギングバスケット金賞作品 'Shabby chic<br />
' ハンギングバスケット金賞作品 タイトル「Shabby chic」
ハンギングバスケット コンペティション会場 ハンギングバスケット ハンギングバスケット ハンギングバスケット

寄せ植えも素敵です。いつか同じようにできたらと思いますが、やはり少しばかりの勉強と経験が必要なようです。皆さんも参考になさってみてはいかがでしょう。

イギリス ハンプトンコートパレスフラワーショー2015 ホスタ 

シェイドガーデンには欠かせないホスタ。日本では擬宝珠(ギボウシ)。多様過ぎて選ぶのに迷った記憶がありますが、こちらでも見た事のない種類が所狭しとアレンジされていました。ネーミングもユーモラスで楽しいです。ぜひ写真のプレートをチェックしてみて下さい。
ホスタ ギボウシ
Hosta 'Teeny-weeny Bikini'Hosta 'Teeny-weeny Bikini'
Hosta 'Snake eyes'Hosta 'Snake eyes'
Hosta 'Hydon Sunset'Hosta 'Hydon Sunset'
Hosta 'Blue Mouse Ears'Hosta 'Blue Mouse Ears'
Hosta 'Praying HandsHosta 'Praying Hands

イギリス 秋のMalvernフラワーショー2015

イギリス 秋のMalvernフラワーショー2015
現在フラワースクールのコースにご参加いただいている生徒さんより秋のMalvernフラワーショーの様子をお送りいただきましたのでご紹介します。このフラワーショーは毎年9月下旬の最終ウィークエンドの2日間開催されます。実りの秋を祝うイベントとして新種やトレンドの植物、珍しい花やとても立派な野菜などを紹介するブースが立ち、工夫を凝らしたディスプレーで会場を盛り上げています。会場の一角ではフローリストのコンペティションもあり沢山の方が訪れます。

Malvernフラワーショーのフローリストリーコンペのスケジュールは11カテゴリーとなっています。
1.Pastral Joy 1チーム2名までエントリーOK。122㎝の丸いセージ色に塗られた高さ30㎝の台にアレンジメント。作品の高さ制限はなし、オールラウンド(四方見)から鑑賞
2.Sunset縦(奥行)68㎝ x 横76cm黒い布で覆われている台と黒のバックドロップ(後ろの壁)があるエリアにアレンジメント。正面から鑑賞
3.Colour Explosion, a Pedestal exhibit 台はなく床置きのアレンジメント縦122cmx横122cmのエリアにデザイン 正面から鑑賞
4.Golden Treasurers91.5㎝四方、床からの高さ76㎝の台を各自各々用意し、黒の布をかける。アレンジメントの高さはテーブルより90㎝以上であり、オールラウンド
5.Fascinating Foliage 葉を主としたアレンジメント 縦61㎝ x 横61cm x 高さ56㎝、パッションフラワーを描いた台とする事。許容スーペースは1m2以内
6.The Artist 以下略
7.Delightful
8.Little Treasure
9.Halloween
10.A Christmas Bauble
11.Seasonal Swag

イギリス ハンプトンコートフラワーショー2015 珍花

ハンプトンコートパレスフラワーショー 珍しい花 ’Lonicera Hildebrandiana’’Lonicera Hildebrandiana’
フラワーショーでは珍しいお花が世界中から集められています。一つでも強烈なインパクトのある花、どこかで見たかなと思う花、ファミリーが連想できる花など、ご一緒した方々と楽しくお話ししながらの見学でした。時間を忘れて夢中で写真に収めました。

イギリス ハンプトンコートフラワーショー2015

ハンプトンコートパレス フラワーショー入口
ロンドン中心部より電車で約一時間、駅についたらフェリーでフラワーショーの入り口までアプローチ。歩いても15分ですがボードのショートライドを楽しみました。一番奥にあるフローリストリーマーキーから見学開始です。テントの中ではそれはそれは見事な花の競演。ディスプレーは審査対象でアワードが用意されます。それぞれのナーサリーは凝ったディスプレーを展開しており、整った会場はまさに色の洪水でした。会場を歩いているとイギリスで人気のある植物が一目でわかります。一例は、クレマチス、グラジオラス、ダリア、サボテンや多肉植物、サルビア等の小さな多年草、スィートピー、アリウム、アマリリス、オーニソガラム、ユリ、オーキッド、ベゴニア、デルフィニウム、フクシア、アストランチア、アガパンサス、ダイアンサス、チューベローズ、ホスタ、ヒューケラ、コレクターに人気のアルパイン高山植物、アフリカンの植物や食虫プラント、アジアの珍しい植物、日本のカエデや見事な盆栽まで。私はヘザー類がお気に入りでした。バラはローズハウスが別棟にありますのでこちらではそれほど見かけませんでした。やはり冷涼な気候を好む植物が多いですね。アジアからの蔓性植物のコーナーなど珍しい植物もあり、多種類を目にして大満足な朝でした。気が付くと通路はいつの間にか沢山の人で埋まっていました。写真が多いため何度かに分けてご紹介したいと思います。
沢山の人で埋まるフラワーマーキー

フラワーエクスポ IFEX2013

闇の中で光るエケベリア
幕張メッセで開催中の展示会へ出かけてきました。懐かしい方とお会いしたり新しいものを見たり。規模が小さくなっていた分ゆっくりと見て回る事ができ楽しんで参りました。

ベンケイソウ科エケベリア
アンコーポレーションさんのブースで、闇の中で光る植物ーベンケイソウ科エケベリアのデモがありました。置いてあった植物を暗箱へ移動。目に鮮やかなグリーンの蛍光色が放たれ、思わずびっくり。あまりにもの驚きで持続時間や植物の成長具合など突っ込んだ質問を忘れてしまった位でした。一目で話題をつかめるアイテムです。また同じブースでドイツのメーカーのリーフシャインの取扱開始の情報をキャッチ。ヨーロッパの花屋では当たり前に使っている便利ものです。ヨーロピアンデザインでは葉も花と同じくらいに大切なデザインエレメント。葉の表面に光沢を出し瞬時に商品価値を上げるものです。フラワーショップにはユーロカット(バラのトゲ取りと同じくらいお勧めです。

黒いリボン ストライプリボン ベロアリボン

コンテンツの配信