ハンプトンコートパレス フラワーショー2015 フローリスト学生コンペティション

ハンプトンコートパレスフラワーショー フローラルデザインスタジオ フローリストリー コンペティション会場
フラワーデザイン・オブ・ブリテン夏のヨーロッパコース後のロンドン訪問はハンプトンコートパレスフラワーショーを見に行く目的がありました。一時的に雨がぱらついたものその後は終日晴れて暑い日となりました。フローリストリーを専攻している学生やイギリス各地のフラワーデザイナーが参加しているコンペがインスパイアゾーンのフローラルデザインスタジオにありました。実はこのコンペはイギリスのフラワーデザインを専攻している学生たちにとっては大変重要な作品展なのです。まずここで優勝し2016年チェルシーフラワーショーで行われるRHS Floristry College of the Yearの栄誉あるタイトルを目指す事になります。尚、こちらに出展していない学校は後日のタットンパークのフラワーショーでのコンペティションに参加し, 来年のチェルシーを目指します。それにしてもイギリス人は本当に花好きですね。本来ガーデニングのフラワーショーなのですが、この会場も人だかりでした。大学対抗のコンペ作品をご紹介します。

<スケジュール schedule>
スケジュールとはコンペ出展におけるテーマや決まり事です。ミュージカルが全体のテーマです。
Design 1 選んだミュージカルでつける帽子
Design 2 開演初日の夜のパーティーのテーブルアレンジメント
Design 3 劇場の入り口に飾るアレンジメント
Design 4 主役の女優に贈るワイヤリングされたプレゼンテーションブーケ

ハンプトンコートパレスフラワーショー フロリストリー コンペティション作品 ハンプトンコートパレスフラワーショー フロリストリー コンペティション作品 帽子

ヨーロッパクラス2015 夏 最終日

フラワーデザイン サマースクール お洒落な壁掛け
4日目ー本日も考えながらの作品作り。一人一人違う資材が用意されそれらを組み合わせてデザインを考えるトレーニングです。午前中の時間内で仕上げなければならないため、浮かんだデザインを画き、作業は一気に進めました。使う花はアンスリウムが指定されました。色は好みのグリーンを選択。時間は瞬く間に流れ気が付くと他のエリアでも素晴らしい作品ができていました。本日も時間を忘れて没頭。これだけ集中できると達成感があり心はとてもすがすがしく感じます。午後からはもう一作品。手がかかる作業があり、なかなか収まりが悪かったため時間いっぱいまで頑張りました。最後に記念撮影して教室を片付けすべてのカリキュラムが終了です。

毎回違うアイテム、しかもそれぞれ自分で考えるトレーニングが必ず仕組まれており、今回は私自身、今までよりまた一歩前進できたと思います。色の事、植物の特徴や扱い方などの知識、バランスなど少しずつ勉強した事が繋がり、だんだんと自分の作品に反映されてきたと思います。勉強を続けることにより技術的にも知識が深まり、何かとレッスンの最中でも臨機応変に対応できるようにもなってきます。卒業生の皆さんそして現役で花屋にお勤めの方、マスターレベルまでは必要がないとお感じでもこちらのクラスはぜひ受講して下さい。特に卒業生の皆さんは今までFDBのレッスンで学んだ事、それを書きとめたノートから様々なヒントが浮かんできます。継続して学びいろいろな経験と知識を培ってゆく。そしてリフレッシュして仕事に戻ればよい案も浮かびます!私が日本でフラワーデザインのレッスンをさせていただいた某国の大使御婦人が、毎日が学びであり明日は今日よりも必ずよくなるとおっしゃっていましたが、本当にその通りだと思います。

今年は晩秋にもう一度ヨーロッパクラス開催です。
フラワーデザイン ヨーロッパクラス2015秋

ビクトリーブーケ コンテスト2015 Medalist Bouquet contest 2015

和紙をフレームにしたビクトリーブーケ
2020年の夏のオリンピックまで毎年開催することとなったメダリストたちに贈るブーケのコンテスト。8月1日と2日にお台場のヴィーナスフォートで公開中。一年で一番暑い時期のオリンピック開催、なんと米国のTV放映権がらみでこの時期になったとか。

色和紙のフレームのブーケ
和装の十二単を思わせる色重ねのフレーム。和紙ですので選手が客席へ投げ入れても安全です。もう一つ近くに同じパターンを発見。
トップにあるブーケです。こちらは浮彫のある白の和紙。フレームと花との心地よいバランス、そしてなによりも爽やかさが目に留まりした。

トライアンギュラーシェイプのビクトリーブーケ
丸い形の花の心地よいリズムに斜めから入るニュウサイのラインのコントラストが目をとらえます。ブーケの形もトライアンギュラーにするなどなかなかインパクトがあるブーケです。注目度は高いと思います。

優しい和モダンのビクトリーブーケ
他の人が使っていない植物を選び、やんわりと扇形に組んだブーケです。軽くふんわりした植物にふさわしい使い方だと思います。他に見ない作風。

バークのフレームのブーケ
デザイン性とワークマンシップが極めて高いブーケはこちら。お洒落に仕上がっていますし大変丁寧な作品です。

ヨーロッパクラス2015 花器にひと手間加えて フラワーデザインを楽しむ

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス夏 ウェルカムフラワー デモンストレーション
美し器は沢山ありますが、本日はオリジナルの器についてのお話し。昨年フラワーショップのディスプレーに置いてあった素敵なバークのハンドバッグ型の器、やはりハンドメイドでした。校長もGeoffrey先生も自分で何でも作ってしまいます。ちょっとした時間に思いつくとの事で、やはりそこは経験で培われた豊富な情報量だと思います。何度も試行錯誤しその失敗から学ぶ。。。。留学を考えている方、むろんプランニングは大切ですが、行きたい/このタイミングと感じたらさっさと行ってしまいましょう!案ずるより産むが易し。時間は待ってはくれません。
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス夏 器にひと手間加えて
本日のレッスンはバークやコケなどを使ったオリジナルの器作り+フラワーアレンジメントのレッスンです。集中した午前中、ふと顔を上げると皆さんの作品もとてもダイナミック!息抜きに校長がウェルカムフラワーのデモ、アレンジではなく玄関ホールの壁に掛けるというアイディアを教えてくれました。これも心が和むようなアレンジメントでした。少しの工夫で他とは違うフラワーアレンジメントを楽しむことができます。フローリストの方はルーティンのワークはこなせても、店で未経験なアイテムになるとなかなかよい案が浮かんでこない事があります。今回のような4日間のショートコースなどは参加もしやすいので学びに出かけるのもよいと思います。

ヨーロッパクラス2015年 フラワーデモンストレーション by Mrs. Lynda Owen

ファシネーターを付けるリンダオーエン先生 午前中のデモンストレーションより
リンダオーエン先生の名前はFDBのサイトでも目にしていると思いますが、様々なコンペティションを審査するイギリスを代表する審査員です。今年はワールドカップ第2位に輝いたイギリスチームを率いていた方で、ますます個人レッスンの引き合いが増えているとの事です。忙しい合間を縫ってお越しいただきました。なぜこのような偉大な方が私たちの小さな学校へお出ましいただけるかと言うと、私たちは60年もの歴史をもつ学校であり、しっかりとフローリストに必要な教育をする機関である事で長年の信頼関係を保っています。もちろん校長もインターフローラの審査員でしたのでここでもつながっております。2人が会うと話すことは尽きませんし、様々な情報が飛び交い聞いているだけでも楽しいです。(←かなり率直な意見を言い合っています)

フラワーデザイン・オブ・ブリテンサマースクール リンダ先生によるデモンストレーション作品の一つ ガラスのチューブにアレンジメント 英国フラワースクール フラワーデザイン サマースクールより
1時間に5アイテムのデモ。もちろん下準備してお持ちいただいておりますのでそれに花を添えてゆく程度でしたが、ストラクチャー, 骨組みや支えの仕組みを丁寧に説明して下さいました。技術に関してはもう職人技です。現役のフローリストではないのですがやはり素晴らしかったの一言。手の遅い私、最後のアイテムのブーケは上手く仕上げられませんでしたがそれでも大満足です。本日も学ぶ事満載の一日。このように熱心な先生にお会いできて本当に良かったです。
生徒さんのアレンジメント生徒さんの作品 

フラワーデザイン サマースクール2015年 バス通学

フラワーデザイン サマースクールバス通学で会ったお茶目なマタムたち フラワーデザイン・オブ・ブリテン サマースクール2015年 バス通学 授業終了後もバス

夏のヨーロッパクラスは初日朝から爽やかに晴れとてもよいスタートでした。定宿としているキッチン付のフラットが一杯で他のB&Bにステイ。学校まではバス7番Worle行きで通学です。バス亭では早々に地元のマダムたちに声をかけられました。ついでですのでバスの料金を伺ったところ、”わからないは、だってこれ(老人パス)だもの!” と言ってパスを見せてくれました(笑)。片道2GBP 1週間の乗り放題パスは15GBPでした。長期滞在の方は1か月パスがあるかもしれません。運転手に確認してみてください。フラワースクールの前のバス亭は'Worle’。1ストップ乗り過ごしてしまいましたが、問題ありません。歩ける範囲です。

初日のレッスンが始まりました。オリエンテーションの時点で何やらホワイトボードにぎっしりと書いてありました。”レッスンに参加する事は学びにより各々の成長となり、たとえそれがどんなに小さな事柄であってもかけがえのない物となる。トレーニングにより積み重ねた知識は具体的にデザインを起す際に大きく影響を及ぼしてくるものである。” その通りですね。だから一年に一度たった4日間のレッスンでも続ける事が重要だと思いました。

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2015 サマースクール

フローリストの方やフラワーアレンジメントを長く楽しんでいらっしゃる方を対象としたブラッシュアップクラスです。
その年のトレンドを入れたり、新しい資材やアイディアなど積極的にチャレンジしたり、基本から少しアレンジしたバリエーションを練習や、外部から様々な先生をお呼びしたりと、レギュラークラスではなかなかできない事をパッケージしたスペシャルレッスンです。今年は初夏のイギリスを満喫するが如く、初めてFDBサマースクールと称し、6月末丁度ハンプトンコートフラワーショー直前にスケジュールしました。秋のイギリスも素敵ですが、初夏の爽やかな陽射しと戯れながらの通学もよい気分転換になると思います。レッスン開催まであと3か月ございますが、夏のイギリス行きは大変混み合います。飛行機も宿泊もどんどんお手頃なお席やお部屋はなくなります。ぜひ早めにお申込み下さい!
質問等ございましたら東京事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。info@fdb.jp

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2015 サマースクール
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2015 サマースクール

ビクトリーブーケコンテスト Medalist bouquet contest

6th place Medalist bouquet competition in Tokyo 5th place Medalist bouquet competition in Tokyo
8月1日から3日間、東京お台場ヴィーナスフォートでオリンピックの表彰式に用いるビクトリーブーケのデザインコンペが開催されました。この企画は ”夏を爽やかに!スポーツ&フラワーフェスタ”というタイトルで臨海副都心「花と緑」のイベント実行委員会により、2020年東京オリンピック・パラリンピックへの気運の盛り上げ、日本の花き園芸技術による夏花壇の展示や、スポーツの普及・振興を融合させた参加型イベントとの事です。直前になり生徒さんの参加で知らされました。本当に直前エントリーにも関わらず入賞されました。立川伊勢丹 生花店勤務の柳井さんと同僚の方、おめでとうございます。

コンペの審査基準は以下の通り。
 ☆デザインの独創性
 ☆テクニック
 ☆花材の選択
 ☆完成度
1st place Medalist bouquet competition in Tokyo 金賞受賞作品
2020年の真夏にあるオリンピックを想定してこの時期のコンペはよい練習だったと思います。トップで入賞した作品は当然のごとく細部まできちんと気配りができており安定した作品でした。丁寧でよい仕事が高評価だったと思います。

ハーブを使った初夏のシュトラウス

Summer bouquet with herbs
6月21日世田谷にて、市場仲卸の前のエリアの定温荷捌き施設の完成のイベントがありました。売りに出す切り花を一定温で保つ品質管理はとても重要な事で、植物も人間も快適です。しかし市場設計の段階でこの仕組みはあるべきだと思いました。

イベント会場ではミュージックライブあり、フードコートあり、オランダのマイスターと日本人のデザイナーのコラボでユリのプロモーションのライブデモなどが催されました。各店舗の前ではワークショッがが開催され、その一つにドイツでマイスター(マスター)を取得なさった橋口氏のクラスに参加してきました。クラスのテーマは「ハーブを使った自然的な花束」。ハーブは優しく爽やかに香り、リラックスもたらせてくれる植物で、梅雨の今時にぴったりな花材だと思います。フローリストとしての面から捉えた花束に関するレジメが用意されていました。クラスの前に目を通し今一度ポイントの再確認。マイスターによる花材や作る時の注意ポイントなどの説明を受け実習。ブーケは水平180度展開、側面は360度どの角度からみても美しく作らなければなりません。一人一人にクリティークの時間を設け順々にアドバイスをなさる姿はマイスターとしての品格があり、素晴らしいオーラを感じました。私へのアドバイスはタイイングポイントが楕円になっているとの事でした。マイスターに手直していただいた時のニュートラルな感覚は大変勉強になりました。普段私がクラスで紹介するのはカッチリとしたブリテッシュスタイルですが、草原をそのまま切り取ってきたようなブーケは家人にも大変好評でした。

FDBも秋にまたヨーロピアンクラスを開催します。ブラッシュアップやトレンドキャッチにお出かけ下さい。
2013年Europe class

花材
Clematis 'White Jewel' 3
Sp Rosa 'Éclair' 3
Hydrangea arborescens 'Annabelle' 3
Alchemilla mollis robster 4
Pelargonium (Scented Geranium) 4
Mentha x piperita L (Peppermint) 5
Rosmarinus officinalis L. (Rosemary) 3

向日葵 ヒマワリ

Helianthus
夏のお花の代表の一つがヒマワリ。種を蒔いてから気温の上昇とともに自分の背を超え暑くなる頃に黄色い大きな花を咲かせてくれます。私はこのオレンジがかった強い黄色を見るだけでヒマワリのイメージに繋がります。

路地にある植物は自然環境の影響を直に受けるためその環境に適応するために進化してきました。背がとても高くなったり、派手な色の花びらを持っていたり、また太陽を追って花首が動くのもきっと何か理由があるからだと思います。今月はヒマワリのアレンジメントを2パターン。一つは茎を切らずにできるだけ長く使ったもの、そしてもう一つはデザインのために花首だけ使ったもの。茎を長く使ったほうがヒマワリ本来の特徴が見られ、また長い茎から得られる栄養のお蔭でとても長持ちです。一方花首だけ使用したほうは残念ながらびっくりするくらい短命。。。ヒマワリは花びらが終わってもユニークな形となるため利用価値は大いにありますが、もう少し元気印の黄色を楽しみたかったと思います。

本来フラワーアレンジメントは自然を模写し室内に取り込む事から始まりました。以前は私も、自然とはかけ離れ随分と無理なフラワーアレンジメントをしてた頃もありましたが、今は植物の素敵さをそのまま使わせていただくのがよいと感じています。。ん?これって師匠がよく周りを観察しなさいと言っていましたがこの事??

向日葵 ヒマワリ
キク科ヒマワリ属 Asteraceae
原産 北米
学名 Helianthus annuus L.'Sun rich orange'
英語名 Sun flower

コンテンツの配信