タットンパークフラワーショー Tatton Park flower show 2012

7月18日からイギリスタットンパークでは恒例夏のフラワーショーが開催されています。今年から新たに大学対抗のコンペが開催されているようです。タイトルは‘Flights of Fancy’ RHSでハイライトのページを見つけましたのでご覧ください。重くないアレンジメントとても参考になります。

RHS Tatton Park flower show 2012
Floristry College competition Award winners and NAFAS arrangements

*これからデザイン入門クラス1&2を専攻なさる方には、East Surrey College の作品を覚えておいて下さい。直角に対して斜めに配置する方法はクラスでも学びます。

====

さて、10月25日開始のFDB秋のヨーロッパコースでもRHSマルベルンフラワーショーをスケジュールしています。クラス内容は間もなく発表ですのでまたご案内いたします。

ハンプトンコートフラワーショー 2012

イギリスのハンプトンコートフラワーショー 素敵な写真の数々をシェアーさせていただきました。
お天気もよくなり絶好のガーデンショーになっているようです。

ハンプトンコートフラワーショー2012 Cotswoldsharonさんの写真です。

英国のハットするお帽子たち

面白いお帽子を沢山見つけてしまいました。イギリスアスコット競馬場レディスデイの話題です。
花の世界とは違いますが、なんか先の英国ロイヤルウエディングの際のベアトリックス妃も顔負けのお帽子が沢山ございます。

Ladies Day at Royal Ascot

yahooの記事が削除されていましたのでリンク貼り直しました! 
最初にコマーシャルがはいっていますが少しまっていると最初のお写真が登場します。

イギリス春のフラワーショー

Marlvern Spring Garden show Marlvern Spring Garden show Marlvern Spring Garden show Marlvern Spring Garden show
イギリスでは毎年恒例春のフラワーショーの季節となりました。先週はちょうどキャリアーコースの折り返し点となったため生徒たちとMarlvern Spring Garden showへ出かけました。多分10万人位の入場者がいるとの事で、毎年ですが会場はかなりな混雑。

蔓植物 - グリーンカーテン

Momordica charantia<br />
-bitter melon Jasminum polyanthum Grape vine
写真左から 蔓レイシ(ゴーヤ)、ハゴロモジャスミン、ブドウ

処暑も過ぎたというのに、連日34度を超える厳しい残暑が続いています。南向きで遮るものが何もない当方の仕事場では窓側からは容赦なく熱気が伝わってきます。ついにカーテンを熱遮断性のモノに変え、数年前からは弦性植物を植え暑さ対策。それでも今年の夏が馬鹿に長く感じる次第です。4年めのゴーヤ、今年は生育も悪くやはり連作障害が出てきました。来年は思い切って植物を変えようと思います。暑さに耐え、生育が早く、日焼けしない弦性植物を探す事に。南の島で見た植物など思い出してみることにしました。

・パッションフルーツ 独特な花が咲きます。実もちゃんとなりますよ。
・ハゴロモジャスミン 春に白い花を一面につけ芳しい香に包まれます。生育が早いのですが、常緑のため冬も茂りっぱなし。短く切りしましょう。
・葡萄 土がやせていても力強く伸びてくれます。弦も太く葉も立派なため重くなりますので丈夫な支えを作る必要があります。秋には茎を切りリースとして
使えます。葡萄の弦はとてもエレガント、色も綺麗で大好きです。
・ノウゼンカズラ 根の張りが強く、すぐに大きくなってしまうためひと夏だけというわけにはいきませが夏中咲き続けるオレンジの花は季節色で大好きです。そしてありんこさんも大好きなため窓がある所に這わせるのは向きません。こちらも冬に切り戻してしまって大丈夫です。根が茎から出て壁に這いますので要注意です。
・ハニーサックル ノウゼンカズラ同様大変強い植物です。花は初夏。やはり大木になってしまいますのでお庭で楽しんで下さい。
・ブーゲンビリア おそらく東京では戸外での冬越しは無理だと思います。でしたらなおさら夏だけのお楽しみに。

8月のお盆 旧盆 月遅れ盆

明治政府により太陽暦が採用されたため、現在では8月のお盆を月遅れ盆、旧盆と呼んでいます。尚、旧暦(陰暦)によるお盆は7月15日現在の8月8日頃に当たります。東京は8月13日から16日頃まではお盆休みとなり、オフィス街は人が極端に少なくなります。

七夕

7月7日は七夕。もともとは中国の物語、織女(しょくじょ)星と牽牛(けんぎゅう)星が天の川を渡って会うというラブロマンス。7月7日に女性たちは針仕事がうまくなるようにと願いを込めて針に5色の糸を通し、庭に酒肴や瓜の実などのお供えを用意したとされます。この事を乞巧奠(きこうでん)とよび、奈良朝時代には日本に伝わり、平安時代には宮中や貴族階級での行事となりました。現代の7月7日は梅雨空で星が見れるチャンスがすくないのですが、旧暦では立春を過ぎた秋のころ、稲穂が実り出す頃で穂見(ほみ)や含み(ふふみ)などからこの頃を文月と呼ぶようになったそうです。

日本には万葉集にも七夕の歌が詠まれ、源氏物語でも梶の葉に和歌を書く光源氏が登場、御堂関白記や枕草子、伊勢集や古今和歌集でも多数七夕に関する歌が残っているそうです。星がもっと見えていたら七夕の楽しみもあったかもしれませんね。

マイグリーンプロジェクト

green curtain
毎年夏になると植えているのがニガウリ(ゴーヤ)。今年は植え込むのが遅かったのと7月の日照不足でいささか育ちが悪いのですが、ここにきてやっと一面を覆うまでに成長。実もいくつかつけています。ベランダにはオーキッドや観葉植物が置いてあり、いずれも夏の直射日光を嫌うため植物による日よけを作っています。ささやかですがこのグリーンのカーテンが私のグリーンプロジェクト第一号です。イギリスでもロンドンオリンピック年に向けてグリーンプロジェクトがどんどん進んでいるようです。オリンピックは世界中にスローガンを投げかける絶好のチャンスですね。近年は年毎に夏がしんどいくらい暑く感じます。少しづつ地球温暖化を止めてゆきたいものです。

ロンドンクラス
**********************************************

夏の花

Spider orchid
つい先日梅雨時の花のピックアップをしたばかりですが、東京もすっかり夏の太陽が照りつけるようになりました。切り花にはちょっとつらい季節です。でも比較的暑い気温を好む植物も少なくはないんです。南国生まれの蘭は湿度と比較的高い温度を好みますので6月には最多登場です。そしてアンスリュームやクルクマなども水を汚さず長期間目をたのしませてくれる品種です。ユリも本来は夏の植物。ダイナミックに咲いてくれる姿はとても華やかですね。
花を長持ちさせるコツは清潔を保つ事です。花瓶はもとより、ハサミ・ナイフに至っても使った後はきれいに洗ってください。

Dendrobium Phalaenopsis

夏の季語 あじさい

紫陽花
Hydrangea macrophylla Hydrangea macrophylla Hydrangea macrophylla Hydrangea macrophylla Hydrangea macrophylla Hydrangea macrophylla

関東地方も梅雨入りとの事。やはりこの時期一番目に止まる花は紫陽花のようです。夏の季語として使われるアジサイ。

コンテンツの配信