ワークショップ

FDBヨーロッパクラス 2012年 Weston-super-Mare 自然回帰思考

Day 4 自然回帰 Return to the nature/Sustainability
Vegetative arranging

2チームに分かれてそれぞれ違ったテーマが与えられました。講師はGeoffrey Hughes
チーム1のテーマは竹を使ったアレンジメントでチーム2は壁掛けでした。
Floral design, Vegetative feeling Floral design, Vegetative feeling Return to the nature, sustainability floral design
この先生の特徴は、植物そのままの良さを取り入れるナチュラルアレンジメントを得意とします。Sustainability:直訳では人間の行う活動が将来持続可能であるという事です。Return to the nature ナチュラルな物は自然(土)に戻り次に繋がると考えています。

FDBヨーロッパクラス 2012年 Weston-super-Mare 今の時代のアレンジメント

Day 3 Lynda Owen先生のコンテンポラリーデザイン
Madam Lynda Owen, The International judge of floristry Madam Lynda Owen, The International judge of floristry Madam Lynda Owen's contemporary floral design class at Flower Design of Britain
給水スポンジを使わないデザインはもう皆さんもお馴染かと思いますが、本日は試験管を使ったデザインでした。ベース台にスタブワイヤーと呼ばれるとても頑丈なワイヤーを組み立て試験管を取りつけます。リンダ先生による解説デモの終了後、各自自分のデザインを考えます。毛糸を使ったり、カラービーズを使ったり、アルミニウムワイヤーや白のシサルを用いたり、思い出すだけでも幾通りもの個性。出来上がった作品はどれも違う趣となり階段を上がってきた校長は思わずWOWとの声!試験管はリサイクル可能、エコロジーでエコノミー!今の時代を反映したフラワーアレンジメントだと思います。

Body Flower, floral necklace

FDBヨーロッパクラス 2012年 Weston-super-Mare クリスマス~来年に向けての流行物

Day 2
イギリスのフラワーアレンジメントの流行も対岸のオランダの影響を強く受けます。大流行の兆しがある物を紹介してもらいました。なんとドライフラワーです。
ええっ~~!!誰しも驚きの声を上げたのは言うまでもありません。ドライフラワーと言えば私も遠い昔にアレンジした経験はございますがまさかのトレンドカムバック!これもヴェゲタティブ:エコでナチュラルな物を使う流れなんだそうです。最近のドライフラワー、実は高価な物と言う事でまたまたびっくり!ドライにする人の手間等がコストに反映されているそうです。確かにとても立派なバラでした。

critique session Student's original creation with moss and dried fruits A design is yours

2日目はドライフラワーを使ってのデザインクラスでした。担当は校長のB.Shakespeare 
長くて太いシナモン。なかなか綺麗に切れない経験はございませんか?シナモンステックの前処理などきちんと教えてくれました。この作品はデザイン入門Stage2で習うタペストリーやコラージュに関連します。作品作成後はいつも通り作品を一列に並べ先生による評価です。どのアイディアも素晴らしく個性がある作品でした。写真のストライプのコケボール?楽しいアイディアですね。ドライのリンゴやオレンジのスライスをベースに使ったり、バラを豪快に見せるデザイン、巧みなパターンの組み合わせ、サイドもお洒落なフィニッシュ。皆さんお見事でした。

終盤はクリスマスバージョンのアレンジメント。こちらはフレッシュな花のアレンジメントでしたので1Fの花屋から自分で花を選びデザインしました。
校長の授業はすべてフローリストとしてのビジネスマインドがベースです。根底にあるレッスンシオリーもテクニックも見習いたい素晴らしいフォーマンスでした。

コンテンポラリーフラワーデザイン FDBヨーロッパクラス 2012年 Weston-super-Mare

到着の日は小雨交じりのロンドンでしたが、なんとWestonでは前日に街が水浸しになるほど大雨が降り電車もストップだったとの事。当日に大雨でなくて本当によかったです。一部の方に影響がでてしまいましたが、ご経験の豊富なマダムでしたのでイギリスの交通の乱れは慣れており、涼しい顔をなさっておりました。

Hilton Hotel lounge at London Paddington station
ロンドンパディントン駅でちょっとWifiを繋げに中2階にあるヒルトンホテルのサロンで一休み。こちらは非常に静かで穴場ですのでお薦めです。

今回のクラス、場所を移動したにも関わらず多くの方にご出席いただき、私にとっては久しぶりにテンション高めのクラスでした。ちょっとタイムラグとなってしまいましたが、楽しかった様子をご紹介したいと思います。

Day 1
Table arrangement for 6-8 persons
6-8人用のテーブル用に秋の実物を取り入れ各々の作品を作ります。食卓用のアレンジメントという事で今回は果物を与えられました。リンゴなどの果物は花にとっては有害なエチレンガスを発しますのでそのままの使用はできるだけ避けなければなりません。朝から教室に用意されていたのはワックスです。ワックスにてプリザーブ処理の仕方を学び、それぞれのアイディアでアレンジメントを楽しみました。食卓に座る人数が多めですので当然テーブルのサイズとアレンジメントのバランスも考慮。着席した全員が楽しめるようなデザイン作りです。ふぅ~!一日目から頭はフル回転!時差ボケの頭には少々厳しいウォームアップでしたが、その疲れをも忘れた時間でした。さて皆様、ワックスとハニーは両方とも昆虫により作られるもの。その違い明確に御存知ですか?

3人展 2012年6月

英国のフラワースクールを介して知り合った3人。卒業後もワークショップやマスタークラスなどを通し、お互いに学び様々なトピックスを共有してきました。せっかくのつながり、今度は思い切ってアウトプットを試みようと思い6月初旬、目黒川ほとりにて小さな3人展を開く事にいたしました。個性もテーストも違う3人、どこかにコアな部分と個を出す部分現在模索中です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3人展 - 牧村紀子 柳井規子 日高ちひろ
2012年6月7日(木)~6月10日(日)
目黒区中目黒2-5-28
ギャラリーさくら (目黒川沿いです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FacebookにてFlower Design of Britainのグループを設立しました。3人展プロジェクトの進行具合などご覧いただけるようになっております。
FDBで少しでも学んだ方、どっぷりと関わった方、これから花の世界にデビューしたい方、花が好きな方、フランクな集まりです。よろしかったらご参加ください。

シルバーグレーの植物

11月の最後の日曜日からアドヴェントです。クリスマスを控えていますので今時のシルバーグレーの葉をリストアップしてみましょう。
優しい雰囲気のプランツが多くウエディングにも使えるのではないでしょうか。

ユーカリ フトモモ科ユウカリプツス属
ヘデラアイビー ウコギ科ヘデラ属
ダスティ・ミラー キク科キオン属
セロペギア ウーディ(ハートカズラ) ガガイモ科セロペギア属
スタキス(ラムズイアー) シソ科スタキス属
アリゾナイトスギ 'ブルーアイス'  ヒノキ科ホソイトスギ属
ヘリクリサム・ペティオラレ キク科ヘリクリサム属 (水下がり注意)
ヘリクリサム・イタリカム (カレープラント) キク科ヘリクリサム属
サントリナ(コットンラヴェンダー) キク科ワタスギギク属
チランジア・ウスネオイデス他 (エアープランツ)パイナップル科チランジア属
ラヴァンデユラ ストエカス(フレンチラヴェンダー)シソ科ラヴァンデュラ属
セダム 'Bertram Anderson’(ミセバヤ 多肉植物)ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属
斑入りリリオペ ユリ科ヤブラン属

Chamaecyparis pisifera 'Boulverd' スギ 'ブルーアイス'
Cupressus arizonica 'Blue ice' サワラ 'ブルバード'
Senecio cineraria / dusty miller 白妙キク ダスティミラー
Tillandsia 'Usneoides' チランジア 'ウスネオイデス'

クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室

毎年恒例のクリスマス・フラワーアレンジメントのワークショプを開催いたします。FDB東京事務所日高の主宰です。
ワークショップとは楽しく色々試して経験する場です。全くの未経験者の方がオリジナリティある素晴らしい作品を作る時もよくあるのですよ。せっかく作るのでしたらしっかりとよい花材を使い、クリスマスまで長く楽しめるものを作りましょう。今回はユニークな資材を使って、オーソドックスなキャンドルアレンジメントを動きのあるアレンジメントに変えてゆきます。毎回このクラスは私自身とても楽しみです。皆さんぜひご参加ください。

ユーロトレンドクリスマス・クリスマスフラワーアレンジメントワークショプ
12月4日(土曜日) 10:30-20:30
東京都府中市生涯学習センター 3F工房2

フローリストたちも生涯学習

floristry training
イギリスではフローリストたちを対象にした教育がとても盛んな国です。各花の組織団体によるメンバーたちへの定期講習会、雑誌社によるデザイナーを招いてのレッスン。どれもトレンドを把握し、しっかりと顧客の心をつかむようなデザインです。同時に花を売るという共通の目的があり、機関だけでなく小売店のプロモーションがとても盛んです。日本では小売店のプロモーションがもっと活発であるとよいと感じます。もちろん素敵な花屋はとても増えています。でも日本全体の花の売上は決して嬉しいものではないのです。

暑い夏、思い切って長めの夏休みを取り、イギリスのフラワースクールまで花の勉強へ出かけてください。リフレッシュのために現場を離れパワーアップにお出かけ下さい。

11月のFDBワークショプより

Flower Design of Britain Tokyo Workshop Flower Design of Britain Tokyo Workshop
先日のワークショプから。マスターを目指す方々が参加。イギリスより持ち帰った資材を並べていると、さっそくに使っていました。
FDBワークショップへご参加いただいている皆さんは、新しいものへの好奇心は人一倍強いようです。
皆さんも刺激を受けにいらっしゃいませんか?

次はクリスマスのワークショプです!こちらもご参加お待ちしております。

クリスマス・フラワーアレンジメント体験教室

もう11月も最終の週。日曜日はクリスマス4週間前のアドヴェントに差し掛かります。Thanks giving (勤労感謝の日)が過ぎ気温が低くなると街も一気にクリスマスモードに切り替わってきます。
クリスマス フラワーアレンジメント 一日体験教室
このブログの目的はイギリスフラワースクールの様子をお伝えする事と、皆様にもっと日常的にお花に慣れ親しんでいただきたい思いで始めました。最近は不況でどこも予算が削られ、オフィスや店などからお花が消えています。一般家庭でも消費の少ない日本。切花の売り上げのほとんどが冠婚葬祭用だなんて、文明国にしては寂しすぎますね。

コンテンツの配信