コース

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2015 サマースクール

フローリストの方やフラワーアレンジメントを長く楽しんでいらっしゃる方を対象としたブラッシュアップクラスです。
その年のトレンドを入れたり、新しい資材やアイディアなど積極的にチャレンジしたり、基本から少しアレンジしたバリエーションを練習や、外部から様々な先生をお呼びしたりと、レギュラークラスではなかなかできない事をパッケージしたスペシャルレッスンです。今年は初夏のイギリスを満喫するが如く、初めてFDBサマースクールと称し、6月末丁度ハンプトンコートフラワーショー直前にスケジュールしました。秋のイギリスも素敵ですが、初夏の爽やかな陽射しと戯れながらの通学もよい気分転換になると思います。レッスン開催まであと3か月ございますが、夏のイギリス行きは大変混み合います。飛行機も宿泊もどんどんお手頃なお席やお部屋はなくなります。ぜひ早めにお申込み下さい!
質問等ございましたら東京事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。info@fdb.jp

フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2015 サマースクール
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ヨーロッパクラス2015 サマースクール

ヨーロッパクラス2013 無事終了

Barbara Shakespeare teaches floral design Hazel Lines demonstrates at the FDB Europe class 2013
ウェストン・スーパー・メアのスクールで開催されていたヨーロッパクラスが無事終了いたしました。期間中の忙しい中、写真やメールをお送りいただきありがとうございます。ゆらゆら動くハンギングデコレーションはフレームとコンテンツのバランス方法の勉強になり、給水の仕組みもお分かりいただけたと思います。葉を使ったデザインは非常にパワフルで植物の生命があふれる作品でした。また今年お招きしたデザイナーのHazelさんのブーケはアルミニウムのカラーワイヤーやカラフルで使いやすい資材を用いたフレームにパラレルにブーケを組み上げるエッジの効いた作品となりました。どの先生もパーソナリティあふれる作品を紹介して下さり、写真を拝見しているだけでも他校との違いがはっきりとわかります。相変わらずジョークが飛び交い笑い一杯の楽しいクラスでした。3人のマスター生徒たちの作品も個性あふれるものとなったに違い有りません。今回日高は出かけられませんでしたが、参加なさった生徒さんのコメントを載せさせていただきます。

----------
楽しかったです。みなさん、それぞれ個性的です。ラフィアの平べったいものはまだ日本にはないですよね。

今日も一日張り切って行って参ります。

二日目も有意義な一日でした。有難うございました。おやすみなさい。

新しい言葉。エンジニアリング。フォーリッジ用のグルーは新製品。品質は50%くらい。

フォーリッジのみのデザイン。色々なワークを施して行きますが、それをエンジニアリングとよびます。よーくみると中央の多肉植物に別の葉を挿入しています。

おやすみなさい!

Things are ok our girls seem to be enjoying their new studies and today we have a new tutor who is going down very well. Lots of laughter and things with a difference.

コーサージュ パーティ用の花飾り

イギリスフラワースクール授業 グラメリアコサージュ
イギリスフラワースクール授業 グラメリアコサージュ
8月末から始まっているフローリストコースも3週間目。プラクティカルフラワーアレンジメント・コースはキャリアーコースで習得した技術をブラッシュアップさせるためにテーマを絞っての実践クラスです。今回はコサージュとボタンホール*の作り方、先生のデモ写真がMiyuKiさんから送られてきました。ありがとうございます。最初は大変と感じるワイヤリング作業ですが、慣れれば美しくスピードも確実に付いてきます。頑張って下さい! 紫のグラメリアはMiyukiさん作かな?

*イギリスではブートニアの事をボタンホールと呼びます。

秋のヨーロッパクラス2012
フラワーデザイン・オブ・ブリテン 2012年秋のフラワーアレンジメントコース
9月25日- 28日4日間 <満席>

キャリアーコース フローリストになるために

corporate work
フローリストになるための基礎クラス キャリアーコースが先週の月曜日から始まっています。
ヨーロッパクラスのスケジュールをメインスタジオに移してしまったため、当初の予定より一週間早い開始です。
生徒さんの一人からお便りをいただきました。仕入れの事、コスト計算などかなり早い段階からスケジュールされており、レッスンの構成を変えているようです。大変よい事だと思います。花屋である以上利益を伴わなければ商売は成り立ちません。コースを通して(日本人には甘い)金銭感覚をもっと肌身で感じてもらうためのようです。

イギリスは日本より一足早く秋、お天気も微妙に寒いとの事ですがホストファミリーからお食事の招待があったり、レッスン以外でもイギリス生活をお楽しみ頂いているご様子です。Weston-super-Mareは大変美しい街で趣のあるものです。たった2週間しかありませんので滞在をエンジョイして下さい!

秋のヨーロッパクラス2012

ヨーロッパクラス2012
フラワーデザイン・オブ・ブリテン 秋のヨーロッパクラス コンテンポラリーフラワーアレンジメントコース
9月25日- 28日4日間

2012年はエリザベス女王陛下在位60周年記念のダイアモンド・ジュビリーに当たるため英国王室のロイヤルブルーのバナーにしてみました。もちろんロンドンオリンピックも忘れていませんよ!受付開始いたします。 

パーティー用ハンドバッグ

back side of the party bag 
先週末は花好きたちのサマーパーティーでした。その会場へお越しいただく方へは何かグリーンを身につけてもらう事にいたしました。今のヨーロッパ諸国ではすでに何年も前から地球グリーン化対策が進められ、その運動の一環として日本からの参入です。まぁちょっと大げさですが、こんな事をする人がいてもよいかなと思い立った次第です。
party bag

FDBヨーロッパスクール ロンドン コンテンポラリーフラワーアレンジメントクラス

London Contemporary floral design class by Flower Design of Britain
今年で3回目となるヨーロッパスクール。異国でのトレンドの動きを肌で感じて自分なりに消化してゆく試みを続けています。消費者の求めるものは変化が早くファッション業界とある意味同じです。実際昨年のロンドンクラスではパープルを取り上げ、旅先すべてパープルのディスプレーが鮮明でした。どんな仕事に携わっていても流行を置き去りにする事は難しいのではないでしょうか。

さて、最近よく使われている「コンテンポラリー」についてちょっと補足です。

コンテンツの配信