ウエディング

2018年秋 英国ロイヤルウエディング

2018年は幸運にも2回も英国ロイヤルウエディングを見る事ができました。チャールズ皇太子の弟君アンドリュー王子の次女、Princes Eugenie of York ユージニー王女とJack Brooksbank氏の結婚式が2018年10月12日にウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で沢山の祝福の中で執り行われました。

さて、簡単ですがお持ちになっていたブーケについてです。ティアドロップシェイプで、おそらくワイヤーブーケで、お花4種類とグリーンは2種類ほど。英国王室伝統のマートルの葉は写真からでは確認できませんでした。白い花々の間から見えるブルーのエリンジウムはスコットンドの国を象徴するアザミに似ているためとの事で、英国のロイヤルウエディングには頻繁に登場するお花となります。手元のブーケに入れていない場合はたいていドレスやベールの刺繍に施されています。最近のブーケトレンドとしては小さな花を寄せ集めたブーケが非常に好まれます。キャサリン妃の時はスズラン、メーガン妃の時はアスチルベなどが印象的です。今回はマダガスカルジャミンも加わっているためもっと香るブーケだったに違いありません。

<ブーケのお花>
バラ
マダガスカルジャスミン
スズラン
エリンジウム
ヘデラ
イタリアンルスカス

ウェデイングドレスは英国のピーター・ピロット社デザイン。すそにかけてゆったりと広がるAラインにボリュームをキープしながらトレーンを長く引くエレガントなスタイルです。ブーケは王女の背丈とドレスの長さに合うように作られていて、サイズとボリュームは共に非常によいバランスでした。ハンドルはちょっと長かったような気がしますがカーブした独特なハンドルは英国王室のワイヤーブーケの特徴でもあります。ブーケはあくまでも花嫁を引き立てる脇役の一つ。ブーケだけ、あるいはブートニアだけ独り歩きをさせる事だけは避けたいですね。

イギリス王室の伝統に沿って、結婚式の翌日そのブーケはウエストミンスター寺院の無名戦没者の墓へと手向けられました。今年は2回もロイヤルウエディング。幸せそうな花嫁を拝見し、だれもが幸せを分けていただいたようなムードになったのではないでしょうか。ユージニー王女、どうぞ末永くお幸せに!

Ref:
結婚式の画像はTwitterの @RoyalFamilyで確認できます。
ウェディングの記事と写真 Elle Japon 日本語版 https://www.elle.com/jp/fashion/a23735139/princess-eugenie-piter-pilotto-wedding-dress-181012-hns/ 

"Saying it with flowers - 花に託して"  結婚式 昔と今

Tuzzy Muzzy / Nosegay
結婚式はいつの時代でも祝福に満ち喜び溢れる集まりです。もっとも古い時代の結婚式では、花、ハーブ、種など使われるすべての植物が幸運を導くものとして選ばれました。キリスト教以外の人々にも白を基調とする盛大な結婚式は、花が喜びの場をさらに盛り上げてくれると信じていました。

中世期の花嫁は青いドレスを着ていました。青は伝統的に純潔を意味する色だったからです。花嫁も花婿も時々ブルーのリボンでできたバンドをする時があります。これは Something four の1つで、何か青いものを付けると幸せになるという言い伝えからです。* 

花嫁は庭から厄除けの意味がある花を選びブーケにして幸運を祈ったそうです。常緑は魔女よけ、ローズマリーはよい思い出や記憶、愛の神ヴィーナスに捧げられた愛のシンボルのマートル、金のメッキを施された麦は子孫繁栄を意味するものでした。お風呂の習慣がなかった為、甘い香りの花を撒いて結婚式を行いました。現在のフラワーガールはそんな目的で生まれたポジションです。ゲストは可愛いハーブや花でつくられたポージーを持ったり、あるいはポプリが入ったポマンダーを(腰)につけたりしていました。やがてピューリタンの誕生により、これらの人々のちょっと仰々しい習慣はすべて消滅させられてしまいました。

写真から

ウエディングブーケ ウエディングブーケ ウエディングブーケ
レッスンのため、ウェディングドレスの写真を持参するようにとの事でした。お気に入りの写真はそれぞれ違う生徒に渡り、そのドレスの為にブーケを作成するとの事です。お客様の選んだドレスにどんなブーケが似合うか、クリアーなアイディアと顧客を納得させるだけの説明ができなければフラワーデザイナーとしての仕事は半人前。せっかくのドレス、時としてアンバランスなブーケはすべてを台無しにしてしまいます。そんな事が起きないようこのクラスのすべての作品は厳しくチェックされます。生徒自身も他国の生徒のアイディア、意見を交換することにより、様々な事を学んでいます。参加者全員アイディアもユニークです!

組み合わせ

アボリジニのウエディングブーケ フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス
現在進行中のマスタークラスレベル3でのクラスでは、思ってもみないものが飛び出しています。
たとえばアボリジニ(オーストラリアの先住民の人たち)のウェディング。

並べられたマテリアルは師匠の作ったブーケホルダー。様々な色の入った布、デザイナーズカラーワイヤー、羽、ドライの豆。ホルダーはちょっとびっくりです。何に使うのかなと何気に気になっていましたがまさかそんな使い方をするとは思ってもみなかったです。(笑)

どこにもないものを作る。これはフラワーデザイナーの基本という事を再認識させられながらサンプル作りを致しました。生徒さんたちは何を選びどのように使うのでしょうか。楽しみです。

2012年の始まりはタイパタヤクラスから

フラワーデザイン・オブ・ブリテン マスタークラス Level 3
2012年1月、お正月すぐ後ですがタイでマスタークラスLevel3が始まっています。*マスタークラスについては前回のブログをご参照ください。昨年は北部からバンコックでは洪水の被害もあり一時心配でしたが幸いパタヤは南に位置するため特に問題はなかったとの事です。到着の日からはとてもよいお天気。家を出るときにはマイナス温度でしたので、授業の前は心も環境もリラックスしています。

Level3のクラスはウエディング。生徒たちにはロイヤルウエディングのプロジェクト2つが課題でした。レポートは完成度も高く、素晴らしい内容。みなさんほぼパーフェクトに近いスコアでクリアです。おめでとうございます!

フラワーデザイン・オブ・ブリテン タイ パタヤクラス 海外フラワーアレンジメント レッスン エアポートからの移動中の写真です。気持ちが高まりますね!
パタヤクラス フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 雨が多かったため植物もいささか大きくなっているような気がします。
フラワーデザイン マスターフローリストの資格 海外レッスン 教室のレイアウトが変わっています。今回はテクニカルの実習が多く生徒さんのテーブルをグルーピングしまとめまています。手前側はレスティングエリア。アフタヌーンティーをご一緒したいのですが...たまにはみなさん出てきてください!

FDBロンドンクラス 3日目 Andreas Verheijin氏 ウエディングブーケ

朝一番、校長のBarbara先生によりAndreas Verheijin氏のご紹介がありました。
彼のキャリアーは今年のロンドンクラスのページに載せておりますのでご参照ください。
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011 Andreas Verheijin氏 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011 ウエディングブーケ

本日のテーマはブーケ ステップ・バイ・ステップで構成された非常に丁寧なレッスン。フレームの作り方、花にの処理、ワイヤー掛けからテーピングの仕方までディテールまできちんと説明をして下さいました。プロのちょっとした仕上げのテクニックなども惜しげもなく披露。拝見しているとやはりトップフローリストの方はお仕事の仕上がりが素晴らしく、その違いが一目了然です。 お人柄も優しく大変チャーミングな方で、クラスが終了間際には生徒たちに囲まれ写真撮影大会でした! 昨年お呼びしたLynda先生もそうでしたが、Verheijin氏も忙しいスケジュールをやりくりして駆けつけて下さいました。素晴らしいレッスンありがとうございます。
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011 Andreas Verheijin氏

ページボーイ / リングベアラー Page Boy / Ring Bearer

イギリスではページボーイ(Page Boy)、米国ではリングベアラー (Ring Bearer)と呼び方が変化します。ページボーイは5歳から10歳くらいまでの男の子で、結婚する2人の指輪を持って参列というお役目があります。もともとのページボーイは中世の頃騎士に使え身の廻りのお世話をする事のできる名門出身の男の子たちでした。

花嫁入場の列にレースや花で飾られたリングピローと呼ばれる小さなクッションを持って歩きます。そのリングピローには結婚指輪が結び付けられています。入場のポジションは単独で列の一番先頭かフラワーガールと一緒に歩く場合が多いようです。整えられた髪型に花婿のミニチュアスーツを着て入場してくる姿を見るとだれもがビッグスマイルになってしまいますね。式の執り行われている間はベストマンの横に立ち指輪を花婿に渡します。ページボーイが幼い場合はベストマンにピローを渡して一番前のベンチに座ります。尚、ページボーイが列の一番後ろに付き花嫁のドレスの裾やベールを持ち上げている事がありますが、その場合はベストマンが指輪を預かります。

ページボーイの花飾り
ページボーイがタキシードかスーツでしたら胸元に一輪の花のボタンホール/ブートニアを付けてもよいでしょう。4月のWilliam王子の結婚式の時はページボーイは王子が軍服をお召になりましたのでページボーイも軍服でしたね。ページボーイたちのの服は1820年代の英国軍アイリッシュ近衛歩兵軍の官職の階級にある人たち服だったそうです。その軍の大佐はWilliam王子に当たります。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
ロンドン花留学 フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011
フラワーデザイン・オブ・ブリテン ロンドンクラス2011

開催日時 2011年10月27日 - 30日(4日間)
場所 ロンドン ハマースミス
費用 680ポンド
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

アッシャー/グルームズメンとベストマン Usher / Groomsmen and Best Man

花婿の横にも友人たちが隣に付きます。彼らの事を英国ではアッシャー (Usher)、米国ではグルームズメン(Groomsmen)と呼び、ほぼブライズメイドと同じ役割の方々です。一人ではないためmanが複数形menですね。そしてその中の一人がベストマン(Best Man)とされ、花嫁を補佐するメイド・オブ・オーナーと同じポジションになります。ベストマンも結婚式を成功させるため、在るとあらゆる仕事をこなします。もちろんスタッグパーティ/バッチェラーパーティ(Stag party/ bachelor party)*はもっとも重要な仕事で、パーティの企画をし、パーティーで行う余興にいたるほぼすべての事を仕切ります。もちろん他のメンバーたちも一緒になってアイディアを出しますがパーティの成功はほぼこのベストマンにかかっていると言っても過言ではありません。尚パーティのための予算組み、資金集めも彼のお仕事。婚約から式まで時間がないと大変多忙になりそうです。その他の業務は花婿のために貸衣装のタキシードを業者まで取りに行き、式が終わるとその貸衣装を返しに行くというのもあります。尚衣装は花婿だけでなく他のアッシャーたちの衣装もあるとの事ですから、かなりの量で重そうですね。いやはや諸外国では友人たちが2人のために至れり尽くせりのようです。
セレモニーが始まるとベストマンは花婿とともに入場しかならず傍に立ちます。リングベアラー(子供)がいない時は指輪の管理もベストマンとなります。レセプションパーティでは少しユーモアな内容の混じったスピーチも大切なお仕事です。基本的には2人の門出を祝うハッピーな祝辞となります。尚、彼らは主役の2人が会場を後にするまで絶対に残らなければならない事となっています。

William王子のベストマンはHenry王子でしたね。尚ベストマンは誓いの言葉および指輪の交換の際に花婿の脇につくことが許されます。花嫁の脇には花嫁をエスコートしてきたお父様がいらっしゃる時が多いようです。

男性たちの花飾り
花婿には花嫁が持つブーケに入っている同じ花一輪のボタンホール/ブートニア**。軍服の場合は何もつけません。
グルームズメンの場合も通常一輪の花のボタンホールです。リボンなどはつけません。本当に襟元にあしらう程度です。
花嫁のお父様、兄弟も一輪の花です。

*スタッグパーティ/バッチェラーパーティStag party/ bachelor party 結婚式前日に行う男性だけのパーティ。ヘン・パーティー /バッチェロレッテ・パーティー bachelorette party が女性だけのパーティです。

フラワーガール Flower girl

結婚式で花嫁とお父さんの入場時、可愛い花飾りをつけた女の子たちが小さなバスケットを持って花嫁を先導します。この女の子たちがフラワーガールです。彼女たちのお役目は、ヴァージンロードに花びらをまき花嫁に芳しい香の花道を用意し今後の幸せな人生の祝福をすると同時に、参列者にはすぐ後ろに花嫁が来る事を知ら結婚式の始まりを意味するものです。この習慣の歴史は古く、古代ギリシャ時代に女の子が麦の束を持ち花嫁を先導して歩いていたとの事です。麦は豊さと多産を意味するものでした。中世紀のヨーロッパ(470年頃からルネッサンス頃)になると麦、米などの穀物、花びらと葉を撒く子供たちが現れるようになりました。イギリスもヴィクトリア王朝時代(1837-1901年頃)には贅を尽くした結婚式となり、もはやフラワーガールはなくてはならない存在となりました。花嫁と同じようなドレスを着せ花を持たせるのがハイソなブリテッシュたちの習慣となって定着していったのです。

最近のウエディングでは花びらをまかないケースもあります。その時のフラワーガールズたちはブライズメイドと同じようなブーケかポマンダースタイルのボールブーケを持っています。時にはシャボン玉もあるそうです。フラワーガールはいてもいなくてもどちらでもよいとの事ですが、はやりドレスアップした子供たちがいると場がなごみ楽しいものです。フラワーガールは3歳位からが望ましく、子供たちには予めどんな事をするのかお話をしておくとよいです。リハーサルも何回かママと一緒にできるといいですね。花嫁や花婿、関係する人たちとも事前に顔合わせをしておくと当日の緊張感が多少なりとも和らぐようです。なんせ子供です。本番中走り出して入場をやり直したカップルもいました。沢山の人に見られるとびっくりしちゃうんですね。そんな姿もとっても可愛かったです。

フラワーガールの花飾り
フラワーデザイン・オブ・ブリテンではかならずブライダルという授業でマスターさせられる項目です。

 ヘッドドレス できるだけ軽く作ります。リボンなどを入れて動きや柔らかさを出すとチャーミングです。クラウンは頭にすっぽり収まる完全な輪環。
 ヘアーバンド/カチューシャバレッタにワンポイントでのせるスタイルも可愛いですね。いずれにせよ花はラブリーであまり大きくないものを。子供の髪はたいてい少ないので、付ける時のウエイトバランスはとても重要です。ワイヤリングテクニックのほとんどはブライダルという科目を通して学びますよ。楽しみながら学んで下さい。

ブライズメイド Bridesmaid and Maid of Honor

欧米の結婚式の写真を見ると、花嫁のまわりには同じ色のドレスを着た女性たちがいますね。彼女たちはブライズメイド (Bridesmaid)と呼ばれ、友人や姉妹、親戚など花嫁と親しい間柄の人たちです。もともとは花嫁を何らかのアクシデントから守るため、又結婚する2人に悪霊などが取りつかないよう惑わしとなるためのようでした。女性たちが着るおそろいのドレスは花嫁が選ぶとの事です。日本ではあまり馴染みのないポジションですのでブライズメイドとは何かをご紹介しましょう。

ブライズメイドたちには花嫁のアシストという重要なお仕事があります。式場のリサーチ、招待客のリスト作成、パーティーの手配やウエディングシャワー (Wedding shower)* のためのウイッシュリスト作成など時間のかかるお仕事が求められます。彼女たちは結婚式当日すべてがうまく行くようにチームで力を合わせて様々な作業をこなして行きます。こんなにお手伝いしてもらえれば当日花嫁は安心して式に臨めますね。

そしてブライズメイドの一人がメイド・オブ・オーナー (Maid of honor) と呼ばれるキーパーソンです。必ずしも独身の女性が勤めなければならないというルールはありません。つい先日ご結婚なさった英国王室のZara Phillipsさんのメイドオブオーナーは Mrs. Dolly Maudeでした。既婚者が勤める場合 Maid of HonorではなくMatron of Honorと呼ばれる時もあります。メイド・オブ・オーナーのお仕事はブライズメイドのリーダーとして結婚式にかかわるすべての事の取りまとめです。中でも重要な事は結婚式前日に行う女性だけの独身最後を祝うヘンパーティ* (Hen PartyもしくはBachelorette Party) の企画、ウエディングシャワーのギフトの手配です。ブライズメイドたちのドレスの調達、結婚式当日は花嫁の支度からアテンドし会場までのエスコート、式場での花嫁のアシスト業務。必要な時に花嫁のブーケを横で持っていたり、移動の際にはドレスの裾やベールを整えたり、結婚の公証人としての書類へのサイン、そして一足先にパーティー会場へ移動して最終チェック、レセプションの最中は乾杯の音頭にスピーチなど、本当に大変なお役目です。こんな大役を務めているからこそメイド・オブ・オーナーと呼ばれるのです。日本では式場にお任せが多いのですが、友人たちがかかわる欧米の結婚式なかなか乙なものですよ。

 *ウェディングシャワー Wedding shower 家族や友人たちが花嫁が欲しいものを費用分担し結婚のお祝いとして贈ること。花嫁は欲しいものをリクエストすることができます。尚、赤ちゃんが生まれる時はBaby showerとなり、赤ちゃん用品が用意されます。

コンテンツの配信