フラワーアレンジメント留学

ヨーロッパクラス2016 コンテンポラリーウエディング D4

フラワーデザイン 海外レッスン イギリス Geoffrey Hughes コンテンポラリーウエディング
いよいよ最終日。Geoffrey Hughes先生のご担当です。モダンウェデイングとの予告がされていました。フレームと花の極めてシンプルなアイディアです。それもそのはず、コンテンポラリーとは一つのアイディアで構成するシンプルなデザインカテゴリーですから。使う資材はcaineと言っていましたが平べったくそいだ木のようなもので、水につけるとしなりやすります。ミツマタかなとも思いましたがちょっとわかりません。着色されていますので様々な色が入手できるそうです。テーマはウェディングでしたのでここは無難な白で。皆さんのフレームは大変ユニークですよ!グループレッスンは本当に楽しいですね。私たちのレッスンでは同じテーマで同じ花材を使ったとしても全く一つとして同じ物はできません。それぞれ自分で考えて自分のデザインを作り上げてゆきます。FDBはこのトレーニングの繰り返しですので、ヨーロッパクラスへエントリーなさる方々は慣れたものです。花にはコットンで給水をしました。今時?と思われますが、デリケートな花に高熱グルーでのステム処理はしたくありませんでした。壁にかけて写真大会です。

ヨーロッパクラス2016 フレームブーケ D3

フラワーデザイン リンダ・オーエン先生のレッスン
いつも素敵なLynda先生のご登場です。フレームを用いたハンドタイドが今回のレッスンテーマでした。
どれもデザイン性のあるお洒落なフレームばかりが並んでいます。3段重ねた立体フレームにはじまり、和紙を使った優しい雰囲気のフレーム、秋色の葉を使ったのテクスチャーフレームや、サイドに高さがあるトランスペアレンシーなフレーム、麻ひもを編み込んだフレームなど凝ったアイテムばかりで、フレームを見ているだけでもテンションが上がってきます。多くの作品を審査しているご経験から浮かぶデザインはどれも素晴らしいと思うと同時に、こんな先生のレッスンを受けられるのは本当に幸運な事と感じます。

トップアイテムは立体フレームブーケです。ベースにワイヤーを編み込みます。フレームをゆがまないように慎重に組む必要があるため、木片を挟み込み空間が均等になるように作業を進めます。ダイナミックさが売りのブーケですので、大胆な木の枝の使い方、時短のためのガーランドなど様々なフローリストのテクニックをご披露いただきました。今日もまた学び多き一日となり大変勉強になりました。立体フレームは少し時間もかかり難しいのですがこの季節に出回る実物等の花材で美しいブーケとなりますのでまたゆっくりと作成してみたいと思います。
フレームブーケ イギリス フラワーアレンジメント レッスン
フレームブーケ イギリス フラワーアレンジメント レッスン イギリス フラワーアレンジメント レッスン

ヨーロッパクラス2016 パーティギフトのアイディア D2

フラワーアレンジメント留学 パーティギフトのアイディア イギリス フラワーアレンジメント レッスン パーティギフトのアイディア
ディナーへお招きいただいた時、ホストへの一番の贈り物はお花とお酒だと思います。今回はシャンペンやワインのボトルを入れるホルダーのギフトアレンジメントでした。何か小さな飾り物を持参するようにとのリクエストがあり、みなさんそれぞれ持ち寄りました。レッスンのデモで見せられた先生のボトルホルダーはドライのリーフやドライフラワーを中心としたかなり独創的なアレンジメント。作品には迫力があり一目見たらとても忘れられない程のインパクトでした。ボトルの取り外しも簡単。実用的であり非常にお洒落だと感じます。

事前にホルダーの下準備はされており、植物の枝を整え土台にワイヤーで丁寧に括り付けてゆく作業から開始です。ここでしっかりとゆるみがないように取り付けです。持参したペンチが大活躍。ローリエの葉をボンドで側面に貼りつける作業がありました。コールドグルーは時間がかかりあまり効率がよくありません。そこで登場したのが両面テープです。私と他の生徒さん1名が持参しておりクラスのみなさんで使いました。ベースが出来上がりランチブレークです。数パターンの飾りを持参していたためアイディアが固まらずちょっと足踏みしていましたので、ランチは丁度よい気分転換でした。毎回ランチボックスをもってご登場のGeoffrey先生。とてもおいしくいただきました。いつも大量の食料の買い出し、人数分のご用意そして特別メニューのご配慮にも感謝です。
フラワーアレンジメント留学 シャンパンボトルのホルダーを作る過程でベイリーフを貼りつける作業 フラワーアレンジメント留学 レッスンで作った作品

ヨーロッパクラス2016 コーポレートデザイン D1

コーポレートアレンジメント 企業向けのフラワーデザイン
初日はChris Morison氏による企業向けのフラワーデザインでした。氏のプロフィールはすでにヨーロッパクラス2016年のページにありますが、お話しを伺ってみるとカリブにあるアラブの王族の部屋のご担当。国王がいつお越になってもいいように毎日のメインテナンスがあるとの事。日常から離れたお話を楽しく拝聴いたしました。

午前中のレッスンは空間に飾るラージスケールアレンジメントです。とは言っても教室のスペースは限られていますので、会社のレセプションなどに置ける位の大きさです。一つ一つ段階でテクニックとポイントの解説をしながら進行。”なぜ”を分かりやすい英語で説明して下さいました。仕事も丁寧。イギリス人の先生たちの作品はどれもすばらしく綺麗に仕上げます。彼らのワークマンシップは世界一のレベルではないでしょうか。ワークマンシップは学生の頃から当然の事として教育されているとの事です。ちなみに校長と同じ学校でフローリストリーの専攻の同級生だそうです。
Chris Morison氏によるコーポレートアレンジメントのレッスン Chris Morison氏によるコーポレートアレンジメントのレッスン

午後は実習時間。生徒たちもそれぞれに花を選び作品作りに取り掛かります。急いで数点作るより時間をかけきっちりとよい作品を仕上げるのが私たちにはベストな選択であるとお考えになったそうです。二兎を追う者は一兎をも得ずはスタンダートな考えで私もそう思います。

<生徒の作品の評価とアドバイス>
先生の手直しが入ると生徒のアレンジメントもぐっとグレードアップされます。商品価値をいかにつけるかの説明がありましたがこの場では内緒にしておきます!

ヨーロッパクラス2016 Malvern

イギリス フラワーアレンジメント留学
イギリス花修行より帰国しました。当初はロンドンでの開催予定でしたがしたがFDBイギリス本部事務所の所在地であるWorcestershireのMalvernへ教室での開催となりました。Malvernはイギリスの作曲家Sir Edward W. Elgarの出身地で、美しい丘の風景と素晴らしい水で有名な所です。街の中には水汲み場がいくつもあり、住民たちにも豊かな自然からの贈り物が役立っていると感じました。以前にもご案内しましたが、この水は女王陛下へ献上されているとの事です。自然は私たちに様々なメリットをもたらしてくれます。次の世代のためにしっかりと守り大切にしてゆかなければならないと感じた次第です。この地は英国の小高い丘であるためは日本より秋が早くすでに落葉も始まっていました。ひんやりとした朝の空気に包まれて、落ち葉舞う小道の散歩も風情あるものでした。
英国フラワーデザイン教室 英国フラワーデザイン教室 周りの景色
教室は小さな山小屋です。大きな窓が東側と南側にありお天気の良い日は柔らかな陽が差し込み暖かくなります。ちょうど先生の後ろが東窓、窓から見えるテラスや丘の風景もよい雰囲気です。この建物はイングリッシュパブのオーナーが貸し切りのイベント用に用意している離れだそうです。パーティーなどに利用されるとの事。白い机と椅子、女性のオーナーのテーストを感じるなかなかチャーミングな部屋でした。外のデッキでいただくイギリスのエールビールを心待ちにしていたのはどうも私だけではなかったようです。

花の学名

Nerine bowdenii
昨日東京のフラワーマーケットにて花を買いました。ふとラベルを見ると、なんと学名がのっているではないですか!学名はラテン語。現在ラテン語が使われる分野は、宗教、医学、そして植物学の世界の限られた範囲。馴染みがなく、なおかつとても長い名前。こんなものを日本語で見てしまったのでちょっぴり嬉しくなってしまいました。輸入の植物や花も多く、だんだん学名と固有名を入れての取引に移ってきたのでしょう。

花留学をするとお気づきになると思いますが、花は他の国では学名で呼ばれます。長い変な名前が出てきたら学名と思い、少しづつ気にするようにして下さいネ!
お花の名前はネリネ Nerine bowdenii 'Favorite'
ヒガンバナ科ネリネ属 Amaryllidaceae
南アフリカ原産

イギリスのワーキングホリディ モビリティ・スキーム - Youth Mobility Scheme

ワーキング・ホリディーといわれていた英国滞在ビザ(Visa)の枠が2009年より変更となっています。
特筆したいのは、年齢枠が30歳まで引き上げられた事。2年間の長期滞在が可能な事。就職活動が事前にできるという事です。さらに受け入れ人数が年間400名ほどから1083名へと拡大。受付は2010年1月1日より。専門知識と実務経験があり現地の法人と就労契約がある場合は別の就労ヴィザ(Tier 2 Skilled Workers)を申請することもできます。残高証明書やその他注意事項がありますので英国モビリティ・スキームの申請案内書をダウンロードしてよく読んでから申請しましょう。

ロンドンレストランフェスティバル イベントハイライト

ロンドン レストランフェスティバル開催期間中のイベントハイライトです。
photo from London restaurant festival - in house Big Roast
Eat Film
ロンドン市内で食に関する映画を上映。そしてそのテーマに出てくる話題の料理をレストランにて堪能。

Gourmet Odyssey
フランスのシャンペンメーカー "G H Mumm"の協賛で集合場所のMet Barでシャンペンをいただき、バスに乗り込み有名レストラン3件を回るというものです。最初のレストランでは前菜を、メインコースを2番目で、そして3番目のレストランではデザートを頂いて戻ります。これ有名レストランのシェフたちがバスにいっしょに乗り込み辛口コメントを発するとの事。コースは4つ、なかなか面白そうですよ。

In-house Big Roast

コンテンツの配信